女子可愛い担当の、うぶ。

うぶは好き嫌いがはっきりしていて
ウエットフードを嫌います。

おやつもほとんど食べず
ちゅ〜るもまったく食べませんが
一時期5.2キロまで増えてしまい
ダイエットして、現在4.2キロ。

体系的に、うぶにとってのベスト体重です。

8猫中ゆいいつ
病院にかかった事がなかった、うぶ。
(去勢・避妊以外)

そんな健康体のうぶが
先日初めて病院にかかり、
入院しました。
1

歯茎が赤くなっていたのですが
急激にご飯が食べづらくなり病院へ。

グラグラはしていないようだったのだけど
検査をして問題なければ
クリーニングか抜歯とのこと。

1番心配だったのは、
少しだけど血糖値が高かったこと。 

姉妹の粒が糖尿病なので
先生もそれを1番心配していましたが
尿検査、レントゲン、血液検査の結果、
糖尿ではないと判明。

うぶはおしっこの色が変わりやすく
実は糖尿がずっと気になっていたので
違うとわかってよかった!

でも、結果的に3本の抜歯となってしまいました。
2

フードが食べにくくなって入院までの2〜3日は
好んで食べているドライフードを
下の写真のように粉状に砕いて
ゆいいつ食べるペースト状のおやつを混ぜ合わせ
そぼろ状にしてあげていました。 
3
抜歯後はすぐに硬いドラーフードも
カリカリと音を立てて食べています。

8猫たちは、毎日ではないけれど
ガーゼやコットン、歯ブラシで
軽くお口のお掃除をしたりしなかったり。

今回うぶのことがあり、
猫の80%は歯周病とも言われているので
年齢的にもっとケアしていかないとと
あらためて思いました。

その他の通院





btn_blogranking_cat

bnr

先日記事にした、いっくんのすごさ

あれは序の口(蛇口だけど)

今日はもっとすごいいっくんを
お見せしよう。

リビングでくつろいでいるいっくんを見ると
どうしてもちょっかいだしたくなる。

頭の次は
お腹に蛇口を乗せてみたけど
8

頭以上に動じないので
9

違うところに乗せてみた。
14

お分りいただけるだろうか。
10

ここ。
11

足。
12

しかも、つま先。
13

第2の心臓とも言われる「足先」なのに。

無関心か!


合成じゃない証拠。笑


いっくんは
何かされても微動だにしない。

久しぶりに”にゃんもす”をやってみたら
1

やっぱり
2

全然気にしないので
3

あたまに














蛇口をのせてみた。
4

その蛇口からは
5

いったい
6

何が出るのだろう。
7
何かする用事がなければ
いつまででも乗せてる。

でもいっくんのすごいところは
こんなもんじゃない。

ちょっとおもしろ動画

いっくんの別の顔





btn_blogranking_cat

bnr

先日購入した"ほぼ日5年手帳"が届きました〜

8猫家にとって、外装の"ほぼ日ダンボール"も
即おしゃれインテリアに。

先陣を切るのは父、一球。
10

いっくん、ご満悦。
11

からの、流し目。
12

それを見ていた私の目に熱いものが流れ
7

「よかったね、よかったね」と
8

四方八方から
9

その姿を
13

パシャパシャと撮り続け
14

シャッター音を子守唄がわりに
15

いつしかいっくんは
16

深い眠りにつくのだった。
17
心地いいんだね〜

もちろん、おけつも撮ってるよ。
6


おまけ

ほぼ日ダンボールの
居心地の良さをお届けすべく
1

フローリングに
2

置いてもちゃんと入るか
3

試したので
4

その写真も載せておくでね。
5
どこにあっても心地いいサイズ感。

8猫家の家長、いっくん。
ほぼ日手帳ならぬ、ほぼ日家長なのだった。

糸井さん、いっくんをモデルにいかが。

いっくんをもっと見ちゃう

インテリアブログで
ほぼ日5年手帳の記事書いたよ






btn_blogranking_cat

bnr

↑このページのトップへ