よく行く百円の雑貨屋さんで、麻のハギレやレースなんぞ購入してみました~。

ボタン付けや裾あげくらいはやるけど、こ~ゆ~お裁縫は何年ぶりだろう。

手でちくちく縫った「コースター」がこちら。


リバーシブルにしてみました~。


こんな風に使ってます。

    瓶に入ってるのはすっぱいマン


この「コースター」が寝た子を起こしてしまいました。

明日、実家からミシンを持ってこよ~っと。



「ミシン」という言葉。

日本語の語源は、英語のsewing machine(ソーイング・マシン)の、「マシン」が
転訛したものと言われています。


マシーン・・マシーン・・マシン・・ミシン・・無心・・メシン・・モシン。


発音と言えば、以前ラジオでDJがアーティストの紹介で

「ミスチル」のコトを「ミスティル」って言ってて気持ち悪かったな~。

みなさんは、そんな「気持ち悪い経験」って、ありませんか~?

昨日は都内で『4月の雪』が降った。
4月に都心で降雪が観測されるのは、1988年4月8日以来19年ぶり
とはいえ、都内某ビルの20階で働いてる相方、全く雪に気付かなかったらしい。

19年ぶりに都内で雪が降った昨日のウチの近所は、こんな空でした。

南の空は、青空~♪


でも周りはモクモク~。


午前中はいいお天気で、窓全開にしても心地よかったのに、
午后から急に暗くなって、見る見るうちに青空が狭まって行きました~。

その頃、北の空はどんより~。


は!(°0°;)山羊が飼えそうな場所に見える?

意外にも(?)韓流好きな私。

『4月の雪』といえば「ヨン様」を思い出す。(ついでにあのスナックも思い出す。)

そ~いえば、これまだ見てないな~。

PC変換って、たまにアホなのありません?

「ぺよんじゅん」を変換したら『ペヨン順』って出たから「・」付けたら・・・

先日、相方に こう切り出しました。




私 「ずっと考えてたんだけどさ・・・お互いの事を考えて、やっぱり友達に戻ろう。」




相方「・・・・そうだね・・・。」





地域新聞の「差し上げます」欄で・・・




ウチじゃコッソリ飼う事も無理だけど、無事に里親さんみつかったかな~。




先月半ばに、実家の引っ越しがありました。
ず~っと実家に置いてあった自分の荷物の整理をするため、
また、実家用の「買い出し」のためにレンタカー借りて行ってきました。

自分の荷物なんて、何十年も置きっぱなしになっていたんだから、
使うものなんて殆どナイんだけど、
片付けより「うわ~、懐かしい。」ってモノに出会い、
やたら時間ばかりかかってしまいました。

父が学生時代に使ってた「座り机」と「本棚」を貰おうと思ったのですが
私がバブ~の頃貼った“擦るシール”の数も尋常じゃないし、
「それ、引き出しが後ろに抜けちゃうから割り箸でなおしてあるのよ。新しいの買いなさい。」
と父に言われ、断念しました。

その結果、「にゃん達のアルバム」と「一度も着てない服」「貰ったけど着ない毛皮」などを持ち帰りました。


以前、友達に「着なくなった服を売ったら3万くらいになった」と聞いていたので
「二度と着ない衣類たち」をリサイクルショップに持って行ったところ、
「シーズンごとの買取りなので、春夏ものだけしか買い取れない」とのこと。

パーティー用のバッグや相方の未使用の靴を含め、7点買い取ってくれました。
その金額¥1030

友達も「買取り金額¥10のモノもあった」と言っていたので
そんなもんだろうと思いました。

冬物がどっさりあるので、持ち帰るかどうか迷った結果、
最近出来た所があったのを思い出し、行ってみる事にしました。
オールシーズン買い取ってくれるというその店内を見ると、
スカジャン3万円代、靴1万円代など、かなり高額で販売しているようなので、
買取りをお願いする事に。

未使用の人気ブランドを含む衣類が60cm角ほどの段ボール2箱、
未使用のスノボケースやブーツ2点、プリンターなど、全部で乗用車のトランクいっぱい分くらい。
「スノボ用品は1点¥10くらいにしかなりませんが・・・」
「ど~せ使わないんで、けっこうです。」
そんなやり取りの後、少し待たされ・・・

その金額¥20




はい?




に・・・にじゅうえん??




段ボール2箱がチロルチョコ1個に??








     逆わらしべ長者だ・・・( ̄- ̄;)







つ~か「スノボ用品代」だけじゃん。






ものすごく凹んだけど持ち帰るのも面倒くさいし、家には冬までソレを置いておく場所も無いので、
しぶしぶ買い取ってもらいました。




その後相方と二人で「やっぱ持ち帰ればよかったかな~」と後悔の嵐。


「いい経験したって事で、次回から気をつけようね。」とは言ったものの
私の心の底は納得できなかったようで、その晩夢を見ました。

どんなに後悔してもあとの祭りなのにねぇ。

こんなコトなら、地域新聞の「リサイクル欄」に差し上げた方がよかったな~。



            教訓:欲は出すな。

先月はじめ、「新しい家族」でご紹介した「いっくん」と「ワイやん」。
  見てない方はコチラ↑をご覧下さ~い。

我が家に来たときは・・・
じゃ~ん

そして、約1ヶ月たった現在・・・
ばば~ん


すくすくと育っている「いっくん」と「ワイやん」。
ところが「いっくん」に、アブラムシ発見!

相方が「牛乳を霧吹きでかけるといいらしいよ~」と言うので早速シュッシュッ!
1日置いたけど変わらず。
ホームセンターでアブラムシ用の薬を買ってきました~。

今朝さっそく玄関前で散布。

そこへ、どこからともなく選挙カーがやってきて、
ウ○コ座りして、空にかかげた「いっくん」を下から眺める私に向かって
窓から手を振るお姉さんが「こんにちは~」

マイクでの選挙カーや選挙演説って個人的に好まないので、
いつもなら聞こえないフリするんだけど、
あまりにもみっともないカッコを見られたので、
そのままの体制でとりあえず軽く会釈すると、次の瞬間マイクで



「ありがとうございます!とってもキレイな・・・とってもキレイな・・・」



「・・・お花を育てているお母さんです!!」




       ・・・( ̄0 ̄;)


お・・・おかあさんって・・・。
子供が近くにいる訳でもないのに??

まぁ確かにお母さんだからいいんだけど、そ~ゆ~場合、普通「奥様」って言わない?


だいたいそれは誰に向かっての、何のための説明なんだ??


そうやって地元密着をアピールしたいんだろうけど、
完全に候補者の自己満足である。



そんな風にマイクでお礼を叫ばれたって
「奥さん」でも「おかあさん」でもなかったら、完全に逆効果だよね。

よいしょ的な発言なら「とってもキレイな奥様」でもよかったんだけど。


とはいえ、朝方まで仕事をする事が多い私は
元々朝っぱらからマイクで叫ばれるのがイヤなんだから
何言われても全くの逆効果。

夜10時頃、寒い中駅前でマイクを使わず「お帰りなさい!」と声をかけている
若い青年候補者のほうが、数万倍も好感度が高いな~。




                       市民の声でした。


↑このページのトップへ