とある休日の・・・


ごろごろ
「ふぁ~~~」  ぷちっ・・・ぷちっ・・・





はい、邪魔じゃま。どいてどいて~。






ちょこん
「はぃはぃ・・・」





・・・・お父さんみたいでした。



あっちでも・・・
ぷちっ
「あぁ~、気持ちえぇ。」

こっちでも・・・
プチっ
「ぬぁぁ~」

ささっ
「たまらんの~。」

交代したり・・・
あぃょ
「ここを重点的に。」

子供にお願いしたり・・・
ザッ
「か~たん・・・」

疲れた
「わしも頼む。」

はたまた子供片手に・・・
パタパタ
「あ~忙し」

いそいそ
「おぉ~、忙し忙し~」

忙しそうな母さんや・・・
あくせく
「はぃはぃ、おなかちゅきまちたか~」

しょんぼりしたり・・・
ため息
「あ~ぁ・・・」

へこんだり・・・
がっくり
「・・・はぁ。」

反省したりする姿まで・・・
反省っ
「またやっちまってぃ。」


人間社会と何一つ変わりません。

強いて言えば、ココは上に立つ人間がしっかりしてるところかな~。

ガンバレ人間!!



まだまだ続いております「春ず~シリーズ」。
だいぶ飽きて来たと思いますが、も~少しお付き合いくださいまし~。

今日は「ミーアキャット」をご紹介しましょう。
ミーアキャットは、ジャコウネコ科でマングースの仲間ですよ~。

今日も元気に
ホリホリホリホリホリホリホリホリホリホリホリホリホリホリホリ


もっと豪快に
ゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリゴリ


「はぁ~、気持ちよかね~♪」
うるうる

「ちっ、デカイ図体でカワイ子ぶっちゃって。」


「ちっちゃい方がカワイんだから。」
うるうる

「なんかゆ~たぁ?」




風太くんじゃないけど、ミーアキャットの後ろ足と尾で立ち上がる姿勢は有名ですね~。
これは周りを監視したり、日光浴をしているんだそうです。
たくさんのミーアキャットがみんな同じ方を向いて立っているのは、
太陽に向かっておなかをあたためているんだそうですよ~。

ミーアキャット、か~わいいですね~♪
お家で飼えないのかな?


付けたし~。

コメントにて「もふパラ」rinkoさんのお願いで
「腹巻き」作ってあげましたょ~。( ̄∀ ̄*)ノ


「どぉ?」

コレからの時期、暑いかも~。(笑)

6月2日は、風太とチィチィの間に生まれた
「ユウタ」「風花」お誕生日ですよ~[[pict:gift]]

今日千葉市動物公園では、ユウタと風花のお誕生イベントが行われたそうですよ~。

去年の「ず~シリーズ」、生後3ヶ月のユウタと風花の記事はコチラ


とゆ~わけで、今日はお誕生日をお祝いして風太くんファミリーをご紹介しますよ~♪

新築された、屋内レッサーパンダ舍。

建物がレッサーパンダの顔になってますよ~。(ふくろうっぽいけど)

この中には「風太」と「チィチィ」がいました。
ココはガラスに反射して怖い写真になるし、ちょっと見づらいですよ~。

「あ~忙し~、忙し~」

対照的に

「くか~~~~~。」

とする、突然起き上がり、
むくっ。

カキカキカキカキカキカキカキカキカキカキカキカキカキカキカキ

かなりの勢いで「カキカキ」してましたよ~。

どっかのお孫さんの声がデカイので、ボリュームに注意して下さい。



上の写真↑ハッキリ言って、どっちが風太くんか、わかりません。

     「風太はボクです。」

新築されたおうちの右隣には、元々風太くんがいた屋外レッサーパンダ舍がありますよ~。


そこには若干つかまり立ちした


ユウタと風花がいます。


「こ~すると、みんなよろこぶのだ」


「ジャンプジャンプ」手のアトがいっぱいですよ~。

このジャンプ姿、めっちゃかわいかったわ~♪ (↑浮いてる)

ジャンプでフタが開いちゃってますね~。


「ぼくも」


「あたちも」


「1歳に」


「なりまちた~」

あまりにも動き回るので、顔が撮れませんでしたよ~。


元気いっぱいのユウタと風花をど~ぞ。
1歳になって、「こんなコト」も出来るようになりました~。


ユウタくん、風花ちゃん、お誕生日おめでと~♪


まだまだ続きます。

今日は「草原ゾーン」で、大きめな動物さんのご紹介ですよ~。
  
まずは「シマウマ」。「うま」というのに「ロバ」に近いんですね~。
このシマウマにも種類があるんです。
大きく分ると「サバンナシマウマ」「ヤマシマウマ」「グレビーシマウマ」の3種類。
「クアッガ」という種類もいたそうですが、絶滅してしまったそうです。
「サバンナシマウマ」以外は絶滅の危機があるそうです。

       ココで色んな縞のシマウマが見られますよ~。

貴重な「グレビーシマウマ」の親子。

策の向こうの草原には

「ツタツンガ」がいますよ~。

写真はオスで、メスはバンビみたいに白い斑点が目立ちます。
見るからに「シカ」っぽいけど、実は「ウシ科」なんですね~。

「ツタツンガ」の向こう側には「ゾウ」がいますよ~。右隣は「キリン」です。

ぞうさんを見に行きましょう。

ぞ~さん、ぞ~さん、お~鼻が長いのね♪

「そ~よ。ウ○コ~も~デ~カイのよ~」

「そ~よ。お~つむはチョ~ロ毛なの~。」



気を取り直してお隣のキリンさんを、シマウマさんの方から見てみましょう。

手前の草原には

「ダチョウ」がいますよ~。
ど~も。
左には

ムツゴロウさん・・・?


カメラを引くと・・・


キリンさんとおじさんが“同じ所”にいるみたいですよ~。


「キリンのツノは、実は5本あるんですねぇ。」(ムツゴロウさん風)


ココでまたカメラを引いて、目を細めると・・・


恐竜に食われそうなおじさんに見えますよ~。


「失敬な。」


「こんなに立派な羽を持つ私を“恐竜”だなんて」


「・・・プロピアしよ~っと。」

ダチョウさんには悪いけど、とってもキモいです。

その頃「キリン」さんは・・・

小さな地雷がたくさん。
おっと。

「最近きてるよね~。」


「もしかして気付いちゃった?」


来てます。


「プロピアするか。」



動物界でも「つけ毛」が流行りそうな予感。

まだまだ続くよ~。

↑このページのトップへ