先日記事にした『悲しい話』の茶トラの子猫の話、覚えていますか?







相方に抱かれているのは・・・


この前の日曜の夜10時半頃、近くのスーパーへ買い物に行った。
私と相方が、スーパーのコンテナの前を通り過ぎようとした時、
力強く「にぁ!」とネコの鳴き声が。
声からすると、案外大きいのかな?と思った。

真っ暗で姿は見えないけれど、鳴き声のする方に向かって
「おいで~」と呼んでみる。
コンテナ下の暗闇から徐々に近づいてくるネコの姿を確認。

「まだ子猫だ!」

敬遠しているが、にゃ~にゃ~鳴いて様子をうかがっている。
「大丈夫だからおいで~」といいながら、
相方に「何か買って来て!」と頼んだ。
あいにく、ペットフードをい扱っているドラッグ館は閉まっていたため、
食品館でツナ缶を買って来てくれた。

ツナ缶をあけるとむさぼりついて食べ始めた。

「このまま放っておけないよ」

場所と大きさから言って、このあいだの子の兄妹だと思った。
とにかく何か出来ることをしてあげようという事になった。
ひとまず家に連れて帰り、お腹がいっぱいになったところで
お風呂に入れる事にした。
いっくん同様なぜかとってもおとなしくて、
全く鳴かずにお風呂に入ってくれた。

だいぶ汚れていたが、幸いノミはみあたらなかった。
寂しかったのだろう、とっても甘えん坊だ。
翌日、近くの病院へ連れて行くことにした。
前回お休みだった病院へ連れて行き、いきさつを話した。
健康診断と白血病・エイズの血液検査をしてもらった。

私が見た感じ、2ヶ月すぎくらいかな~と思っていたのだが、
月齢は骨格からすると約3ヶ月らしい。
ガリガリにやせ細り、筋肉も少ないため小さく見えるらしい。

体重は1.1キロ。
先生は「う~ん、1.5・・・最低でも1.6は欲しいな~」と言っていた。

エイズに関しては、6ヶ月くらいになってからでないと
正確な結果が得られないとの事だったが、
今の状況がどうかだけでも分かるといい、一緒に検査してくれた。

どっちも白。

白血病に関しては、かかっていないので安心。
エイズに関しては、口の中もとてもキレイだし、
今の段階では大丈夫だろうとのこと。

ワクチンは1~2週間ほどしてからの方が良いというので
とりあえずフロントラインだけ頂いて帰る事にした。


我が家の賃貸契約は、ペットは室内犬か猫、いずれも1匹まで。


実は我が家、入居時から雨漏りがひどく、色々と問題が起きていて
いまだに業者さんと話し合いをしているのだ。
その様子はこちらで詳しく分かります。

そんなこともある中で、
里親さんを募集してあげようか、引き取ってくれる友達を探そうか
それとも引っ越しを前提として我が家で迎えるか。
色んな事が頭の中をめぐり、どうするのがいいのか
今になっても判断が出来ないでいる。


そんな中、日々いっくんと子猫は、お互いの距離を縮めている。