2015年10月

第1章 記憶にない。  第2章 コロ。  第3章 お世話。  第4章 運命。  第5章 優しさ。  第6章 出逢い。

第7章 決断。  第8章 家族。  第9章 ケセラセラ。  第10章 別れ。  第11章 人情。  第12章 暮らし。

第13章 思い。


家族に手を引かれて再びペットショップに戻ると、
ミックスの兄妹たちが並んでいるその端の方に人だかりができていた。

そこにはぴょんぴょんと元気に飛び跳ねる、ひときわ目立つ子猫がいた。
休憩から戻ってきたその子は、他の子達より少しだけ大きかった。



「この子は皮膚疾患で療養中なんです」




真菌感染症のその子猫は、完治するまでショップで治療を続けるという事だった。
皮膚疾患が完治するまでにこの子が大きくなっていく様子は、すぐに想像できた。

私はその話を聞きながら、過去に ” 大きくなって売れなくなった” という理由で
ショップから引き取ることになった猫の ” おまけ ” のことを思い出していた。

おまけ
熱帯魚店から引き取ったアメリカンショートヘアーの ” おまけ ”


色々なことが頭の中に蘇ってきていたその時、家族がこう言った。




「この子と一緒に帰ろう」




そのショップで週に1度の薬浴を受けること、
完治まで責任を持って併設の病院へ通院させることで了承してもらい
その日のうちに連れて帰ることになった。

第1章 記憶にない。  第2章 コロ。  第3章 お世話。  第4章 運命。  第5章 優しさ。  第6章 出逢い。

第7章 決断。  第8章 家族。  第9章 ケセラセラ。  第10章 別れ。  第11章 人情。  第12章 暮らし。


” わらじ ” との別れのあと、私は少し離れた土地へと移り住み、新たな生活を始めた。
休みの日には近くのペットショップへ行くのが楽しみだった。


そんなある日。
いつものペットショップに「ミックス」と書かれた2匹の兄妹ねこがいた。



「抱っこしてみませんか」



アビシニアンのミックスだという2匹の子猫は、手のひらに乗ってしまうほど小さかった。

ペットショップで動物を抱かせてもらったのはこの時が初めてだった。
この子たちも離れ離れになるんだろうと思うと
可愛いというよりも可哀想という気持ちの方が大きかった。



ペットショップを後にして、フードコートでお茶を飲んでいる時、
家族がこう言った。




「連れて帰ろうか」




” わらじ ” と別れた時、自分はもう猫と暮らすことはないと思っていた。
でもそれは、猫と暮らすことを考えていなかったのではなく
自分の心と一緒に猫と暮らしたいという思いに蓋をしていたのだ。
その思いに気づいていた家族がそう言ってくれた。




「もう一度会いに行ってみよう」




” わらじ ” と別れて数年経ってからの事だった。
言葉が出ない私は手を引かれたままフードコートをあとにした。

第1章 記憶にない。  第2章 コロ。  第3章 お世話。  第4章 運命。  第5章 優しさ。  第6章 出逢い。

第7章 決断。  第8章 家族。  第9章 ケセラセラ。  第10章 別れ。  第11章 人情。



引っ越した家のすぐ裏手には、子供が水遊びできるほどの小さな川が流れていて、
そこはのら猫たちの遊び場にもなっていた。

その先にのら猫たちの集会場となっている小さな神社があって、
お年寄りと日向ぼっこするのら猫の姿をよく見かけた。


川沿いにある小さな総合病院の裏庭では、のら猫が患者さんの話し相手になっていた。


金魚屋で出逢った、焼き菓子色をした子猫の ” クッキー ” と ” わらじ ” には
のらねこの友達もたくさんできた。



ある時、お隣が犬の散歩中に瀕死ののら猫を見つけ病院へ連れて行った。
数週間後、片方の視力を失って戻って来たが、
助けてもらったと思っているのか、元いた場所へ戻る事はなかった。
鼻にしずく型の模様があったその猫に ” しずく ” という名前を付け、我が家へ迎えた。


その後、私はその家で猫の出産に2度立ち会う事になり、
仮死状態で生まれてきた子猫の蘇生も経験した。



初めて猫が出産を迎えた頃。
ご近所から、育児放棄されてまだ目も開かない子猫を託された。
我が家で出産した猫は自分の産んだ子供と一緒に、その子猫を我が子として育てあげた。

ちゃう
白黒の子猫と共に育った、さび猫の ” ちゃう ”


子猫が生まれてくる瞬間も、甲斐甲斐しく子育てする姿も
猫に教わる事はとても多かった。


ちびた


のら猫にも、人と暮らす猫にも、猫には猫の暮らしがちゃんとそこにはあった。
猫の出産と育児を終始見続けた私は、自分が家族との別れを経験したこともあり
できる限り家族一緒に過ごして欲しいと願い、子猫を欲しいという申し出をすべて断った。


出逢いの数だけ、たくさんの別れもあった。
静かに眠る ” クッキー ” のそばを離れず ” わらじ ” が涙を流していた。
人と同じように、猫にも悲しみは存在すると思った。


数年後。
” わらじ ” との別れがあり、私はもう猫と暮らすことはないと思っていた。

第1章 記憶にない。  第2章 コロ。  第3章 お世話。  第4章 運命。  第5章 優しさ。  第6章 出逢い。

第7章 決断。  第8章 家族。  第9章 ケセラセラ。  第10章 別れ。


私は ” わらじ ” と ” 娘 ” を連れて、
今までより少しだけ雑踏の聞こえる街に移り住んだ。


大きな一軒家を二つに分けた借家だった。
不動産屋の張り紙でみつけた時、そこは動物と暮らすことが禁止されていた。


それでもその家を選んだのは、お隣がたくさんの犬と暮らしていたこと、
さらに隣の敷地には大家さんの家があって、
お隣がたくさんの犬と暮らしていることを承知だったこと、
なによりお隣がとてもいい方だったことだった。


引っ越す前に何度か草取りに出かけ、その都度お隣に色々教えてもらった。

この辺りにはのら猫がたくさんいることや、ご近所さんはみんなのら猫に寛容なこと。
少しだけ都会だと思っていたその街が、実は人情味あふれる下町だったことも知った。
そして新しい暮らしが始まった。


その頃勤めていた職場のすぐ近くに金魚屋があった。
私はそこのおじちゃんと話をするのが好きで、帰りによく遊びに行っていた。
ある日、金魚屋の店先に2匹の子猫がいた。
私はすぐにおじちゃんに話を聞いた。



「誰かが息子のところに置いてったんだよ」



金魚屋の向かいには、おじちゃんの息子さんが開業している動物病院があった。
その日の朝、病院の前に子猫の入ったダンボールが置かれていたそうだ。



「優しい家族が見つかるといいんだがね…」



「おじちゃん、待ってて」



私はそう言って、職場へ戻った。


その頃私は運送会社で働いていて、
仕事仲間はみんな人情味にあふれたおじさんばかりだった。



「金魚屋に子猫が…」



1匹はすぐに家族が決まった。
そしてまた ” わらじ ” に家族が増えた。


く~

第1章 記憶にない。  第2章 コロ。  第3章 お世話。  第4章 運命。  第5章 優しさ。  第6章 出逢い。

第7章 決断。  第8章 家族。  第9章 ケセラセラ。


紙袋に入ってやってきた子猫の ” ちょんちゃん ” に出逢う少し前。

いつも車で出勤していた私は、その日はなぜか歩いて出かけることにした。
国道134号線沿いに川が流れていて、その川を挟むように
自分の胸ほどの高さのコンクリート壁が続いていた。


何気なく川の反対側を見ると、ひとりの男の人が歩いていた。
しばらくすると、その人は手に持っていたビニー袋を川に投げ捨て足早に去って行った。
川に落ちた袋はもそもそと動き、中から複数の子猫の鳴き声が聞こえてきた。


川は数メートル下を流れていて、降りられるようなつくりではなかった。
袋が端へ流れてくれればなんとか助けることができるかもしれない
その思いだけで、袋に当たらないよういくつも石を投げ落とし、波紋を作った。
それでも袋は止まる事なく流され、そしてゆっくりと沈んでいった。


ほんの数分間の出来事だった。
やり場のない深い悲しみと、どうしようもなく自分の無力さを感じた。


人の愚かさによって短い命を絶たれてしまったあの子達は
どれほどの苦しみを感じただろう。


友達が子猫を紙袋に入れて連れてきた時も、
雨の中ずぶ濡れの子猫に出逢った時も、
私は子猫を助けられなかった時のことを思い出していた。



わら



” わらじ ” との生活が始まり、ほどなくして娘がうまれ、 ” わらじ ” に家族が増えた。


のら猫の体にはだいたいノミがいること。
のら猫のお腹にはだいたい虫がいること。
猫はそのノミや虫で具合が悪くなること。
猫と赤ん坊は仲良しなこと。

” わらじ ” は私にたくさんの経験と幸せを運んでくれた。


それから少しして家族との永遠の別れがあり
私は ” わらじ ” とともに思い出のアパートを出ることになった。


↑このページのトップへ