2016年03月


いつもシェア下さっているみなさまには心より感謝いたします。
できましたらこちらもシェアいただけたらと思います。




昨日に引き続き、『またたび家の日常』追記の引用掲載です。


新たに2頭。
ミケの仔と きじとらの仔(起立不能)です。

この仔たちのこともあわせまして
お迎えのご検討いただけないでしょうか?


公示期限内に飼い主返還になる可能性も
ゼロではありませんが
収容猫たちのこれまでをみましても
残念ながらそれは低いものと思われます。




2016-03-0008
収容期限 2016/03/31
収容場所 埼玉県 加須市 戸崎
動物種別 猫 大きさ 小
種類 雑種
性別 雌
年齢 1歳前後
毛色 三毛 毛の長さ 短
性格
首輪 不妊・去勢処理 不明
備考 しっぽは長く、中間部が曲がっている。




2016-03-0009
収容日 2016/03/28
収容期限 2016/03/31
収容場所 埼玉県 坂戸市 片柳
動物種別 猫 大きさ 中
種類 雑種
性別 雄
年齢 5~10歳
毛色 キジトラ 毛の長さ 短
性格
首輪 不妊・去勢処理 不明
備考 起立不能。しっぽは長くまっすぐ。


二頭ともに 収容期限は3月31日
生きてほしい。


愛情と責任を持って
お迎えくださる方がいらっしゃいましたら
お問い合わせフォーム
または
nyankoouchisagashi@yahoo.co.jp
までご連絡ください。

件名は【センター収容猫の件】で お願いいたします。

人もウキウキする季節。

この時期になると、恋を求めて思わず外に出てしまう家猫さんや、
知らない世界に好奇心を抱いて思わず飛び出してしまう子も。

家の中しか知らない子は、思わぬ事故やケンカに巻き込まれ
怪我をしてしまったり迷子になったり。

真っ黒に薄汚れていても、元は暖かい家の中で暮らしていて、
なるつもりでなったノラじゃないかもしれません。
自分の家のねこさんも、お客様が来ると隠れてしまったり。

人に懐いていないからといって、
人と暮らしたことがないとは限らないと思います。

そして、ねこと暮らしている人はネットを使える人ばかりではなく、
いなくなってしまった家族(ねこ)を探す手立てがないお年寄りなどもいるかもしれません。

この記事を目にした方が、もしかしたら
「ご近所で暮らしていたねこちゃんだ」と気づくかもしれない…
そんな一縷の望みで記事にさせて頂く事にしました。

この記事は『またたび家の日常』の記事”センター収容猫”をほぼ引用させて頂きます。

ねこさん10


ねこさん11

ねこさん12


ねこさん9

上の写真の4頭のセンター収容猫さん達は、お声掛けいただけた子もいるらしく
すでに引き取りを済ませて頂いたそうで、医療措置も終了しているとの事です。


************************************


頭数が多く、またたびさんもすべてのねこさんを記事にする事は出来ないそうですが、
呼びかけをせずに引き出しをした仔たちもいるそうです。

『またたび家の日常』をほぼ引用させて頂いておりますが、
命の輪がつながる事を願い、画像をお借りして記事にしました。

ねこさん5
茶白の男の子

ねこさん6
むぎわらの女の子

ねこさん8
首輪をつけていたハンデのある女の子

首輪の画像も載っていました。
もしかしたら探していらっしゃる方がいるかもしれません。
ねこさん首輪

ねこさん7
この子も首輪をつけていたそうで、負傷している男の子。



************************************


下の写真の子達は、現在も収容中の子達だそうで、


ねこさん3
1・男の子

ねこさん1
2・女の子
下の写真の黒ねこさんと一緒に遺棄収容されたそうです。
ねこさん4
3・女の子

ねこさん2
4・男の子
この子は収容期限は切れてしまいましたが、右後肢負傷し骨が露出してしまっていて
送致を待ってもらっているそうです。

(詳細引用)
引き出し後に医療措置を施しお届けさせていただきます。


お迎え。ご検討いただけないでしょうか?


愛情と責任を持って
お迎えくださる方がいらっしゃいましたら
お問い合わせフォーム
または
nyankoouchisagashi@yahoo.co.jp
までご連絡ください。

件名は【センター収容猫の件】で お願いいたします。

アンケートにご回答いただくことから
お願いしております。

~おねがい~

*猫可の住環境にて脱走防止を含む完全室内飼育
*終生飼養
*繁殖制限(施してお届けいたします)


収容動物たちの存在と猫たちの現状を
広く知っていただけますよう
ご協力お願いいたします。


(以上、『またたび家の日常』”センター収容猫”記事内引用させて頂きました。)

特発性膀胱炎で闘病中の、もす。

前回のもすの記事 ” もすくんの近況。”で書いていた、

ヒルズc/dマルチケアコンフォートドライを試してみて、
最初はよく食べたけどすぐに食べなくなり、同時に血尿が濃くなり…
同じ時期にヒルズc/d FLUTD(猫下部尿路疾患)を食べ始めた一球もおしっこが濃くなったので
中断して様子を見ると、一球は赤みが引き、もすも少し緩和されたような…
ヒルズが合わないのかな~


という事で、いつもの先生がお休みで違う先生だったんだけど聞いてみました。


ー よく食べるとお水も飲むけど、食べないと飲水量が減るのが原因ではないか ー


つまり、ヒルズは食べが悪いから飲水量が減って血尿が濃くなるとの事でした。

その時は聞いていて「なるほど~」と思って帰ってきたけど
ロイヤルカナンもよく食べてるわけじゃなかったんだった。( ˘•ω•˘ ).。oஇ


いつもの先生の時は説明もとても良くわかるようにしてくれるし
継続的にもすの状態を把握してくれているから、診察してもらっていても安心なんだけど、
いつもの先生がお休みで違う先生だと、説明もこっちが聞かれている感じもあって
どんどん不安になっちゃう。

前回は粒も一緒に行ったんだけど、あの温厚な粒が「シャーーー」っと威嚇。
何年も継続的に通院してるけど、そんな粒は初めて見ました。


いつもの先生は、もすや粒に終始話しかけながら、ねこのタイミングで診察してくれるのに
その先生は両手を持って無理に立たせたり、
熱をはかる時に「いかないで!」ってしっぽを引っ張ったり。

どう見ても猫嫌いにしか見えなかったんだけど、相方も同じ気持ちだったようです。


余計にストレスかかるじゃないの~(இдஇ; )


そんなもすくん、今回は2~3日おきに点滴に通っています。
ここ数日は目で見る赤さは出ていないんだけど、
おしっこが出にくい時があるようで、しゃがんだ体制から徐々に立ち上がって
壁ションしちゃいます。


ストルバイトは出たり出なかったりだけど、暖かい日は元気に遊んでいます。


ダイエット中のうぶも運動しないとなので、恒例のバタフライタイム。(じゃらしだけど)
うぶのしっぽがすごい事になってる~(笑)


そして、 以前 ” 愛猫ダニー君 ”のミニミニクッションを作らせて頂き、
ブログでも仲良くして下さっている ” 世界で一番猫が好き ” の ” たぁ梨さん ” から
素敵なプレゼントが届きました♪

おかし

私の好きそうなものをチョイスして下さったそうなんですが
これがどれもツボでびっくり!
たぁ梨さんおすすめというラスク、これがまたとっても美味しい~(๑˃́ꇴ˂̀๑)❤︎

色々選んでくれているところを想像してとっても温かい気持ちになりました。

実は先代黒ねこ ” ちび太 ” の事が今でも忘れられない私。
ハンカチの猫ちゃんのように、ちび太は赤い首輪をしていたんです。
黒ねこさんには特別な思い入れがあるので、とっても嬉しかった~(*´ω`*)

たぁ梨さん、ありがとうございました♫ ٩( ´ᆺ`)۶♫
大切に使わせて頂きます❤︎

黒ねこもすくんからもお礼を❤︎
もす
どうもありがとう❤︎


あっという間に年度末。

今年度は長期放置していたブログを再開したり、Instagramを始めたり
そのおかげでとってもたくさんの方と繋がることができました。
みなさまに出会えたことに感謝します。

そして新年度も素敵な一年になりそうです( ´ ꒳ `✿)


高級ブランドとして名高いアルマーニが、本物の毛皮の使用を全て廃止すると発表しました。

ジョルジオ・アルマーニは、次のように述べています。

アルマーニグループが、コレクションにおいて毛皮使用の廃止を確約したと
発表できることを嬉しく思います。

長年にわたる技術の進歩によって、私たち人間が動物に対して行ってきた
不必要かつ残虐な行為を、最適な別の方法に替えることが可能になりました。

以前より積極的な取り組みを続けてきましたが、
環境や動物を守るという大きな課題への我が社の意向を反映し、
今、大きな一歩を踏み出します。


“Armani’s fur-free announcement makes it clear that designers and consumers can have creative freedom and luxury all without supporting animal cruelty.
Mr. Armani has been a trendsetter in the fashion world for decades and this latest announcement is proof that compassion and innovation are the future of fashion.”



動物保護に対する問題は犬猫にとどまりません
ポールマッカートニーなど多くの著名人も声をあげています。

↑クリック


ユニクロのようなところがダウンやファーの廃止とかしたら
もっともっと老若男女に動物保護の意味が広まる気がします。


ブロ友さん含め、周りにうさぎと暮らしている友達が多いこともあり、
わが家では、リアルファーなどを使ったねこのおもちゃの購入をやめました。

ねこさん、リアルファーはすごく喜ぶけど、
そのおもちゃがどうやって作られるかを知ることも大切ではないかと。

考え始めればキリがない問題だけど、自分ができること。
小さなことからコツコツと。

↑このページのトップへ