2016年06月



※ 今日の動物さんは『チーバくんの下半身』しか登場しません。


実は私、飛行機や戦闘機が好き。
飛行機に限らず、虫以外の飛ぶもの・走るものが好き。

15歳から某レース場に足を運びレース観戦、
18歳で国内B級ライセンスを取得し、自ら4輪でレース場を走ってみる。
さすがに鈴鹿は遠いので、2輪でレース場はまだ走っていない。…まだ。

高校卒業するまでは本気で車のデザイナーになりたいと思っていた。
レースが好きすぎてレース場の社員にまでなった。

その後デザインへの道をあきらめきれず34歳で進学。
大学で車のモデリングを学ぶも、粘土が臭すぎて断念。


若い時の夢ってすごいね~( ´͈ ᗨ `͈ ) '`,、



そんな乗り物フリークの私。
昨年、空のF1と言われるRedBull Air Raceが初めて日本で開催されると知って
もしかしたら最初で最後かもしれないと思い、予選・決勝と2日間通し観戦していた。

Red Bull Air Raceは純粋にタイムを競うレースである。
国際レースシリーズで、年間8戦で争います。
パイロットはエアパイロンが設置された飛行コースを通常2周し、
ペナルティを回避しながら最速タイムを競います。
その精度は1/10000秒で争われます。

My Cloud トピックスより抜粋





それが今年も日本開催されるとわかってすぐチケット予約、待つこと数ヶ月。
引き続き、今年も行ってきた~。

今年は6月4~5日の2日間。
昨年は予選は雨で決勝はめちゃくちゃ晴れた。

今年の予選日、開場当時はよく晴れていた。
エアレース1

この日のチーバくんはノリノリだった。
エアレース2

テストフライトしている時はまだよかったんだけど、徐々に風も強くなり
エアレース3

パイロンも曲がっちゃうほどの強風。
エアレース4

時間とともに大荒れになり、予選は中止。
エアレース5

中止のお知らせが流れるパブリックビューイングエリアの周りにある屋台は半額になっている所も。
エアレース6

そして決勝当日の朝は雨。( 開場2時間前の写真 )
エアレース24

それでも開場する頃にはなんとか雨も上がり、チャレンジカップが始まる。
今年はエアレース史上初の女性パイロットが飛んだ~!かっこいい~
エアレース8
Red Bull Air Race にはクラス分けが有り、出場にはライセンスが必要。
2014よりRed Bull Air Race は最高峰マスタークラスの下に若手育成を目的にチャレンジカップが設けられました。
My Cloud トピックスより抜粋


昨年は船の数がすごかったけど、規制があったのか今年は減っている気がした~。
ワンピースに出てきそうなピンクの海賊船まで来ていた。
エアレース10

浦安から飛んできて浦安へ帰っていく。スモークを出してくれた~。
エアレース11

パイロンヒットの瞬間。
昨年よりコースが複雑になっているけど、パイロンヒットの数が少なかった。
エアレース13


昨年同様、水圧で水上に上がるフライボードのデモンストレーションも。
エアレース15

¥98000だかでクルーザーから観戦する非公式のチケットも販売されていたけど、
奥に見えるあれかな?
エアレース18

レッドブルのヘリ。カメラが付いていて低空飛行して観戦席を空撮中。
エアレース17

これがスタート/ゴールのパイロン
エアレース16

2度目だからこんな風に手作りグッズで応援する人も。
エアレース19

” おおとり ” による海難救助のデモンストレーション。昨年は2機来ていたのにな~。
エアレース21

エアレース20

日本と違ってカメラマンがえらいカッコイイ!
エアレース7

エアレース14

モンスターストライクのマークがついてるな~と思ったら、パフォーマンスがあった。
エアレース22

前日の写真と比べるとパイロンの違いがよく分かる。
エアレース9

F1の現在の最高速度は340km/h弱。
エアレースに使われる機体は小型プロペラ機の一人乗りで、
その最高速度は370km/hにまで及ぶ。

しかも低空を300キロ超で飛ぶ。

そしてF1は平均5G~6Gなのに対し
エアレースのパイロットにかかるGは最高で12G!
この凄さが伝わるかどうかは別として、とにかくすごい!



そして、これが日本人ただひとりのエアレースパイロット ” 室屋義秀 ” 氏。
エアレース12

しかもこの日初優勝!!⁽⁽٩(๑˃̣̣̥ᗨ˂̣̣̥)۶⁾⁾
実際見ていて言葉に表せないくらい感動した~ ふおおおおぉぉぉぉ(´༎ຶД༎ຶ )
エアレース23



そして今年一番の楽しみが終わって抜け殻になった。



6月5日(水)PM23:06追記あります。

レオ爺一斉搜索の記事を載せた翌日…
もうけして目を覚ますことはありませんが、レオ爺はみつかったそうです。

元気な姿で見つけてあげることはできなかったけれど、
レオ爺は家族の元に帰ることができました。

詳細はkachimoさんのブログ記事でご覧下さい。

亡くなってました。 2016-06-04 19:45 投稿

シェアご協力いただいた皆様、心より感謝いたします。
ありがとうございました。


********************************

6月4日午後1時、レオ爺を一斉捜索するそうです。

更新が直前になってしまいましたが、お近くの方や参加希望の方は
詳細をご覧になってください。


詳細はコチラ→レオ爺捜索





レオ爺が行方不明になったのは5月19日。
6月3日(水)AM10:00 現在、まだ見つかっていないそうです。

Kachimo家Instagramでも様子をご覧いただけます。

**********************************************

20歳のねこさんが迷子に!シェアご協力お願いします。

先ほどMARCOさんのブログでヨウカンさんちのレオ爺が迷子だと知りました。


埼玉県川口氏で暮らすヨウカンさんは超有名な猫さんで、
猫好きな方なら誰もがご存知だと思います。

そのkachimo家のレオ爺は20歳7ヶ月
足も弱く、とても心配です。

kachimo家のブログにて詳細が更新されています。

レオ爺捜索  2016-06-01 12:52 投稿
●11日目 2016-05-30 17:18 投稿
●あれから1週間 2016-05-26 23:21 投稿
●朝の捜索の時に 2016-05-24 12:59 投稿
●レオ爺帰って来いよ作戦 2016-05-24 01:59 投稿
●レオ爺はまだ見つかりません  2016-05-23 13:29 投稿
●レオ爺その後  2016-05-22 02:52 投稿
●レオ爺の姿が見えない  2016-05-21 16:09 投稿

kachimo家の娘さんが Instagramで探しています。
我が家の猫が行方不明です1
我が家の猫が行方不明です2


これが一番最近の写真。
レオ爺20歳7ヶ月。

・毛羽だった白い首輪。
・下半身の力が弱く、がに股でふらふらしながら歩きます。
・左目、治療中です。
・べーべーと鳴きます。



川口前川近辺で見かけた方、保護された方はご連絡お願いします。

5月連休中に参加したセミナーの記事↓でもご紹介した ” 猫専門病院 ” の山本獣医師。

猫のセミナーとにゃんにゃんフォトレッスン、前編。
猫のセミナーとにゃんにゃんフォトレッスン、後編。

その山本先生のブログで面白い記事があり、
どこかのタイミングでご紹介しようと思っていました。

それがこちら!

猫好きを分類すると4タイプに分かれる

以前都内の猫専門病院で副院長をされていたという、生粋の猫好き獣医師
日々多くの猫好きさん(患者様)とお会いしているうちに、
おもしろい傾向があるということがわかったそうです。



タイプ1 【可愛さにやられた

このタイプの方はある意味、単純に猫の可愛さにやられ猫好きになった方々です。
可愛さというのは外見的なことだけでなく、動き、性格なども含まれます。
このタイプの方はやはりネーミングもかわいい感じになり
「ミュウ」「ルナ」「こたろう」「テンテン」といった響きの名前が多いように感じます。



タイプ2 【下僕

猫を主人として崇め、自ら下僕とへり下るタイプです。
猫は生れながらに高貴な雰囲気を纏っていますので少しわかる気もします。
このタイプの方は主人である猫を喜ばすのが大好きなので、いろいろと工夫をします。

猫は犬のように簡単には喜びませんので、四苦八苦しますが、
その苦労を楽しんでいるのではないでしょうか。
猫が嬉しそうにすると、下僕タイプの方はとても満たされます。
ネーミングは「ヒメ」「クロエ」「レオ」「景虎」といった
やはり高貴な感じが多いように感じます。



タイプ3 【前世は猫

猫にシンパシーを感じ、前世は猫に違いないと思っているタイプです。
このタイプは、猫の決して動じないマイペースさ、クールで知的な佇まいに惚れ込んでいます。
実際にオーナーさん自身も少しシャイでマイペースな性格で、
協調性が重視される現代社会に生きづらさを感じているかもしれません。
「今世も猫に生まれたかったなぁ」が口癖です。

特にネーミングに偏りはありませんが、「寿(コトブキ)」「フグ」「アルファ」など、
どちらかというとオリジナリティがある名前が多いです。



タイプ4 【もはや理由は忘れた

ふとしたきっかけから、長年猫と暮らしており、
生活の中に猫がいることがごく自然になっているタイプです。
「なんで猫好きなの?」と聞かれても答えに窮してしまうかもしれませんが
「好きだから好き」としか答えようがありません。

ネーミングはあまり凝らず、シンプルに「タマ」「チビ」「ジジ」「トラ」など。
また昔の猫にそっくりという場合は「二代目ミミ」や
「ジョージ Jr (ジュニア)」ということもあります。

nekopediaより


オリジナリティがある名前…
もうお分かりだと思いますが、間違いなく私は タイプ3 前世は猫 です。
身近な猫好きさんを見ても、ほぼ当たってる気がして「さすがだな~」と思いました。

みなさんはいかがでしたか?

余談ですが、わが家でゆいいつ普通の名前の「まる」は、↓この人がつけました。
つめきり
まる…あまりにも普通なので、私が漢字を「球」にしました。(写真の猫は走太)
というわけで、↑この人はタイプ4かもしれません。

でも彼は過去に猫好き男子という名目で、ねこのきもちの
『MEN'S CAT』"男と猫のちょっとイイ関係"という別冊付録に堂々と載っています。
その時の記事→MEN'S CAT
こんなことを書かれているとわ知らず、今日も猫の爪きりに精を出しております。


猫好きを分類する記事をもう少し詳しく読みたいと思った方は、コチラへ↓
猫好きを分類すると4タイプに分かれる

↑このページのトップへ