Category

私は猫の全てが好き。
ネコ科の動物全般が大好き。

「美味しい顔」も魅力的だけど 
1

足先からシッポの先まで
2

美しくしなやか〜に動く姿に
3

とても魅力を感じる。
4
音を立てずに飛び降りたりするところにも
不思議だな〜って魅力を感じる。
 
ちなみに8猫家のメンズは
足音がテトテトうるさい( ̄▽ ̄) 


↑↑↑
今日の写真は
新しいカメラで撮った写真


猫に優しいインテリアブログはこちら
sorabnr_1

ゆるゆる絵日記ブログも更新中♪
bnr_1


btn_blogranking_cat

先日投稿した
例の「いっくんの寝姿」に
3

くりそつ
4

いっくんの寝姿に
5

くりそつ
6

これをやるのは8猫中、このふたりだけ。

つ〜さんだけが受け継いだ
父の遺伝子。

おそるべし!




みごとなまでに
親子の絆を超えるもの

想定外親子


親子ねこをもっと見る



猫に優しいインテリアブログはこちら
sorabnr_1

ゆるゆる絵日記ブログも更新中♪
bnr_1


btn_blogranking_cat

本日2回目の投稿
1回目は「走太くらべ



本日11月14日は
『世界糖尿病デー』

『世界糖尿病デー』は“インスリンの発見者”
フレデリック・バンティング氏の誕生日に当たり
国際糖尿病連合(IDF)とWHOが1991年に制定し
2006年に国連総会で公認されました。
wikiより

わが家には糖尿病の猫が2にゃん

世界糖尿病デー?
5

それって、美味しい?
4

糖尿病5年生、粒。
7
甘い声ですり寄っていくので
病院でも人気者です。

今日も変わらず
3

まったり過ごしています。
8

糖尿病研修中、球。
(インスリン投与量を決める検査継続中)
9

毎日の注射には慣れてきたけど
2週に一度朝から夜までかかる検査が
もうしばらく続きます。  
10
家族以外の手からごはんを一切食べないので
それだけが大変だけど
検査はいい子で頑張ってますよ〜

「ご褒美もらえるんでしょうね」
11
体は大きいけど肝っ玉は小さいのだ。

『世界糖尿病デー』の今日は
世界各地でブルーライトが灯されます

今夜ブルーのライトアップを見つけたら
粒と球を思い浮かべてくださいにゃ。


粒と球の命のしずく、インスリン。
6
このふたりは
朝晩のインスリン注射を欠かせませんが
2にゃんにストレスがかからないよう
うまく付き合っていけたらと思っています。


病気の早期発見のためにも
おしっこの色や飲水量チェックは
とても大切です。


猫の糖尿病のアウトライン

猫に優しいインテリアブログはこちら
sorabnr_1

ゆるゆる絵日記ブログも更新中♪
bnr_1


btn_blogranking_cat

本日2回目の投稿
1回目投稿の「隠せない、粒」には
裏話がある。

粒が小魚の前で大人の女を装っている時
8猫中唯一「粒」に怯えている走太が
そ〜っと後ろを通ろうとして見つかり
8


9


1
ボケボケ写真なのに超ビビリ顔。


一生懸命そ〜〜〜っと通るんだけど
3本足なのでへこへこ足音がする。

ちなみにこのあと走太は
猛ダッシュでいなくなった。


8にゃんの猛ダッシュ

比べてみろし
↓↓↓




猫に優しいインテリアブログはこちら
sorabnr_1

ゆるゆる絵日記ブログも更新中♪
bnr_1


btn_blogranking_cat

粒が小魚の前にやってきて
1

座った。
2

3

ふん
4

子供だましね。
5

と、大人の女を装った次の瞬間
6

ジャッ!!
7
隠しきれない好奇心。

猫はやっぱり、猫♡


8ニャンジャー、粒

秋といえば…粒の栗拾い


猫に優しいインテリアブログはこちら
sorabnr_1

ゆるゆる絵日記ブログも更新中♪
bnr_1


btn_blogranking_cat

↑このページのトップへ