Category

糖尿病で通院中の粒。

今日は久しぶりの通院日でした。

現在4週間に1度の通院と
2ヶ月に1度の血糖値検査を継続中。

もちろん、毎朝晩のインスリン注射と
服薬は欠かせません。


昨年8月19日に緊急入院をして
8月24日夕方退院。

退院後1週間の間に
皮膚炎が悪化して再び病院へ行った日の粒。
5

あれから4ヶ月。
9

服薬のほか、塗り薬も頑張り
4
なんとか年末に
カラーを外すことが出来ました。

粒は傷が治りにくいことと、
アレルギーがあるため猫草が食べられず
毛玉が溜まってしまうのを避けるため
カラーを外せずにいました。

粒が糖尿病を発症したのは
2013年7月でした。

あれから4年半。

粒をずっと診てくださっていた先生と、
今日でお別れでした。

その先生には
8にゃん全員診ていただいて
とても信頼できる先生だったので
残念でなりません。

細かくわかりやすい説明をして下さる先生で
無理やり押さえつけることなく
猫のペースで診察してくださる 
本当にいい先生に出会えて
よかったなと思っていました。

いつかはこんな日が来ると思っていたけど
これからのことを考えると
やっぱり心細いです。

今日の、とっても毛艶のいい粒から、
S先生へご挨拶です。

S先生…
33

いままで本当に
30

ありがとうございました。
31

行かにゃいで〜
32
きっと粒はそう思っていると思います。

いつもおとなしい粒が
帰りの車で家に着くまで鳴いていました。

「粒ちゃんともすくんが心配です」

そう言ってくださったのが
うれしかったです。

先生、ありがとう!

*****************************

8にゃんもたまに出る  
絵日記ブログもあるで。

猫インテリア的なブログだったり
そうでなかったりもするのもある。




btn_blogranking_cat

bnr
 

ちびにゃんずが生後2ヶ月くらいの頃。

小さいながらも自力でケージを
よじ登っていた、ちびにゃんず。

この日も自力で
パパ猫いっくんのところへ
甘えに行った、粒。

可愛いな〜と思って写真を撮っていると
1

体制を整えようとした粒が
2

いっくんの顔に手を置く。
3

からの…
4

落ちる。
5

が、復活し
10

目が覚めたと見せかけて
6

再び、落ちる。
7

そして
8

いっくんも落ちる。
9

が、復活すると見せかけて
11

もう一度粒が落ちる。
12

そして再び一瞬復活する粒が











今度は前に落ちる。
13

それを引きで見ると
14

顔に手を置く。
15
という、癒しエンドレス♡

動画じゃないのが残念だけど 
ゆる親子の癒しタイムを
時系列でお召し上がりください。

年末に、親子ねこをもっと見てみる





btn_blogranking_cat

bnr


このぬいぐるみ。
ムーミンに出て来る"モラン"というキャラクター。

わが家での名前は "ご先祖さま"
4
いつも寝室の棚に鎮座している。

この"ご先祖さま"が
3

こんな風に
2

リビングに転がっているのは
1

運び屋がいるからなのだった。
5

一瞬の出来事でなかなか写真が撮れないのだけど
奇跡的に2度も動画が撮れたので公開。笑

音声注意:にゃ〜にゃ〜言います。




ちなみに、ムーミンに出て来る"ご先祖さま"は
ムーミンに毛が生えたキャラで
カズさんがそれと間違えたことから
この名前がついた。

こんなこともあるのだ。

洗濯物をたたんでいる時。

粒がにゃ〜にゃ〜言いながら
キッチンに何か運んで行ったので
そ〜っと見に行くと
1

粒の傍らにそっと置かれた
2

カズさんのくつした。
3
カラーと同じカラー( ̄▽ ̄)

(言いたかった)

さぁ、花金。(古っ)
8猫家は今日もゆる〜くいきます。

*************************





btn_blogranking_cat

bnr

8月半ば、粒が肺炎になり
1週間ほど入院していました。

過去に胸水が溜まり
緊急入院した事がある、粒。

今回は、その時のように
咳はしていなかったものの、
元気もなく呼吸が苦しそうだったので
病院へ連れて行き
レントゲン検査をして頂き
そのまま入院となりました。 
818_1
入院直前
818_2
入院した時点で熱が39.8度。
その後40度を超える熱が出たようですが
朝には平熱まで下がっていました。

翌日の面会時 
820
熱が下がったので
だいぶ元気が出たのが分かります。

入院後、吐き戻しがあり
点滴を継続して頂きました。 

吐き戻しと肺炎になった原因を探るべく
検査をして頂くも
エコーと血液検査では
特に異常は見つからず。

レントゲンで
心臓に影が見えるとのことで
まずは肺炎の治療をしてから
ということになりました。

検査に行くため
いい子で先生に抱っこされる、粒。
821

この日の面会は時間も遅かったため
ケージでの面会となりました。
823_1
「また来るからね」と
後ろ髪引かれる思いで帰りました。
823_2

さらに入院中、吐き戻しがおさまらず
バリウム検査をすることに。

猫のバリウム検査も人間同様
口からシリンジでバリウムを飲ませます。

その後、数時間おきにレントゲンを撮り
バリウムの流れを見ていくのですが、
何か詰まっていたり
できものができていると
ここで分かることがあるそうです。

粒の場合、バリウムの流れが遅く
腸の動きも悪かったので
その原因を知るべく
様子を見ていたのですが
数時間後に毛玉を吐き
その後 遅めではあるものの
少しずつバリウムも流れました。

呼吸の荒さもだいぶおさまり
再び撮ったレントゲンの結果
心臓周辺の影は大きさも変化なく
臓器が重なって写って
影に見えているのかもしれないとのことで 
入院から6日目に
連れて帰ることにしました。 

帰宅翌日の朝。

わたしのお腹が
825_3
こんなことに。
825_4

825_5
体調が悪いと
暗いところへ行きたがるのですが
この日は暗いところへ行くことなく
826_1
みんなが見える場所で
ゆったり過ごしていました。
826_2

いつもならば、
入院がストレスに繋がると考え
自宅から近いこともあり
病院側からの提案で
通院治療で対応して下さるのですが
今回は即入院となったことで
症状の重さが分かります。

検査結果も異常がないので
今回の肺炎の原因はハッキリ分からず
毛玉が詰まったことが
関係しているのだろうとのことでした。

粒は糖尿病なので
検査や治療方法も限定されるため
原因追求に重きを置いていませんが
とりあえず危険な状態はなくなりました。

8月の終わりに退院はしたのですが
退院後に皮膚数カ所に炎症が起きました。
1
背中から顔まで8箇所
2
炎症箇所に薬を塗る際
極力時間をかけないために
バリカンを入れて頂きました。 
10
お腹も赤みがあるのが分かります。
6
まだ皮膚の原因自体
ハッキリ分かっていないのですが
現在塗り薬で対応しながら
現在も治療通院中です。
3
皮膚の経過によって
必要であれば検査を進める方向ですが
今日現在、赤みがだいぶ引いてきたので
このまま良くなるといいな〜。

週に1度点滴継続中のもすと一緒に
明日は粒も病院に行ってきます。

いい時があれば
そうでない時だってあるのが人生。

8猫家はどんな時でも前をむいて
みんなで笑顔でいくのにゃ!

*******************************

以前は緊急入院時など
随時経過を書いていたのですが
毎日面会に行くことなども含め
今回はブログにかかる時間を
最小限に減らすため
リアルタイムで書かずにいましたが
もうしばらく通常運転には
戻れそうにないので
ここで一旦覚書を書くことにしました。

インスタ多めなのは
余計なことを考えないよう
自分を忙しくさせるために
通院時間やちょっとの合間に
投稿しているからです(*゚▽゚)ノ

ブログは数時間かかるので
ちょっとの合間に書けないのだった( ̄▽ ̄;)

また、このブログの闘病記事は
主に覚書として書いているため
あくまでもわが家の猫の場合の症状で
全ての猫さんに当てはまるものではありません。
 
似たような症状で検索される方の
参考になれば幸いですが、
少しでもおかしいと思ったら
1分1秒が手遅れとなる場合も少なくないので
ネットで検索することよりも
病院へ行くことを
何よりもお勧めします。 


ー 追記 ー

粒のエリザベスカラーについて
詳しく書いた記事があるので
こちらにリンクしておきますね(*゚▽゚)ノ 

ストレスフリーのエリザベスカラー 


 



↑このページのトップへ