Categoryおすすめ

”猫カフェ並み多頭飼い”のわが家。
お掃除は永遠の課題です。

どんなに頑張って掃除をしても
8にゃんがダダダッと動けば
それなりに毛が抜けます。

そのたび使い捨てワイパーは勿体無いし
かといって、そのつど雑巾は面倒だし。

という訳で、少し前の話ですが
気になっていたダスキン
4週間600円お試しをしていました。 
Attachment-1
おそうじベーシック3(グレー)

これ、ずっと気になっていて
ネット検索していたのですが
多頭飼いでの知りたい情報が
ほとんど出てこなかったんです。

という訳で、
大掃除の時期ということだし、
きっと同じような方が検索して
ここへたどり着くのではないかと思い
書いてみることに。

まずはこれを玄関収納へ、イン。
存在感を消すところから始めます。
dskn7

コードは巾木の下へ挟んでいます。
dskn5

このモップ。
dskn1

最初はみんな寄って来たけれど
今では近くをお掃除しても
dskn8

じ〜っと見ているだけ。
dskn9

けど、うぶは戦いを挑んで来ます。 
10

こんな風にたくさん取れた猫毛を
dskn6

このスタイルクリーナーで
立ったまま吸い込めます。
dskn4

取り切れない毛は、
こんな風にノズルを外して
ブラッシングの要領で簡単に吸い込めます。
dskn3
わが家はこれを掃除機の前に使って
舞い上がる毛やホコリを取ってから
掃除機をかけています。

メリットは
使い捨てではないので
何度でも気にしないで使えること、
高いところにも使えること
モップがけだけなら
夜遅い時間でも
音が気にならずに使えること。

デメリットは
今時支払いが現金払いなことと
受け渡しが対面なこと。

追記:コメントでも教えて頂きましたが
代理店によってはカード払いのほか
宅配ロッカーでの受け渡しが
可能なところもあるようです♪
みなさま、ありがと〜♡
12/5 さらに追記
ダスキンに問い合わせしたところ 
カード払い対応の代理店に
変更できることになりました〜
色々とありがとうございました♪

3点セットで4週間1,890円。
これを高いととるか
安いととるかは
使い方次第なのかなと思います。

わが家はお試しから4ヶ月、
現在も継続中です。

お掃除対策 こちら も必見。


ダスキン公式サイト





早いもので、明日から師走。
師走といえば”大掃除”

というわけで、
”猫カフェ並み多頭飼い”のわが家が
ねこ飼いさんにおすすめの
お掃除グッズをご紹介したいと思います。

今日は、このソファーをやっつけましょう。
2
実はこのソファ。
ハンディーダイソンの充電が切れても
猫毛がとり切れません。

そのモヤモヤを解消してくれるのが、こちら。
Attachment-1
以前シドさんに教えていただいた
ペットの抜け毛お掃除手袋
SwiPets

このグッズのいいところは
凸凹だってへっちゃら。
ソファーの隙間にも指先を突っ込んで
楽に猫毛のお掃除ができるところ。
4

平らなところもちろん。
こんな風に撫でるようにこするだけで
ぶったまげるほど毛がとれます。
5

たまに猫もとれます。
6

そして試しに
ゴムのついた作業用手袋でも試してみたところ
7

こちらもごっそり。
3

拡大してみると
違いがわかるでしょうか。
SwiPetは、硬めなきめ細かいザラザラ。
ゴムは柔らかめなので
力を入れても大丈夫そう。
9

このふたつの大きな違いは
作業用手袋は両手だけど
SwiPetは右手が2枚入っているということ。
8

右手が2枚なので 
左手にコロコロを持ってお掃除とか
カズさんと毛取り対戦をしています。
バカでしょ〜( ̄▽ ̄)

過去にキッチンゴム手袋でも
やっていましたが
指先がすぐ破れてしまいました。

それに比べるとSwiPetは
かなり使えるお掃除グッズだと思います。

左利きの場合は
使いづらいかもしれませんが
オススメのイッピンです。


車の次に高い、わが家のソファ


SwiPets ペットの抜け毛 お掃除手袋 [並行輸入品]

季節はすっかり秋。
秋といえば…

先日もお伝えしましたが、
本を読むことが好きな私。

今日はまた
知り合いの猫エディターさんが担当された本を
1冊ご紹介したいと思います。
iwagou2

” 拝啓 ネコ様 ”


この言葉で始まるエッセイは
猫好きなら知らない人はいない
動物写真家・岩合光昭さんの写真集

『ネコへの恋文』
iwagou1
この本は
世界中のねこ達の平穏な日常や
のら猫たちの強さ、優しさを感じられる
岩合さんの、猫たちへの想いがいっぱい詰まった
”恋文”エッセイ写真集です。

岩合さんの優しい語り口調が
不思議と音になって伝わってくるようで
読んでいて終始笑顔になれるんです。

これからの季節
肌寒いと感じる夜でも
心にほわっと暖かく
優しい気持ちにしてくれる
かなりおすすめの1冊です。

私も猫になりたい♡ 



この秋
あなたも猫でお腹いっぱいになりませんか。



ネコへの恋文
岩合 光昭
日経BP社
2016-09-29

 

こちらも猫好きさんにおすすめの1冊






 

元々読書好きな私。

特にお風呂で読むことが好きで、
飲み物片手にずっと読んでいたり。
でも、最近はそんな時間もなかなかとれず。

秋といえば ” 読書 ”

久しぶりに、ゆっくり本を読む時間を
もってみました。 

今日はその中で、
知り合いの猫エディターさんが担当した本を
ご紹介したいと思います。

女優・とよた真帆さんの猫エッセイ
『もふもふ猫まみれ とよたさんちのマブ猫 22のハッピールール』
book1
猫好きの方ならご存知のかたも多いと思いますが
とよた真帆さんは大の猫好き。

現在5匹の猫と暮らしています。

この本は、とよたさんが物心ついた頃から
ずっと一緒にいる猫との付き合い方、
仕事柄、家をあける時のこと、
いつか必ず訪れる別れへの心構え
そして歳を重ねる上で
自分自身がどう猫と向き合うかなど
とよたさんちの22のルールが書かれています。

中でも特にうなずいたのがRule12。
book2
8匹の猫と暮らすわが家と
”キャツら”と言ってしまうところまで
共通点の多さもさることながら 

「あるある!」

「へ〜!」

「そんなことが!?」

「なるほど!」

と、まるで ”とよた邸に遊びに行ったような感覚 ” で
グイグイと本の中へ引き込まれて行きました。

肩に力の入らないホッとする写真も多く
パラパラマンガのようなイラストも可愛くて、
でも、ただ面白くて可愛いだけの書籍とは違う、
”猫との生き方”をあらためて考えるきっかけとなる
猫好きさんには是非読んでいただきたい
オススメの1冊です。 


また、とよた真帆さんは
東京五輪までに不幸な犬猫ゼロを目指す
TOKYO ZEROキャンペーン呼びかけ人のひとり。
この書籍の売上一部は寄付されます。





↑このページのトップへ