Category通院・多頭飼い

8猫家元最大級、球と書いて“まる”は
キリっとした男前。
1

球が“あくび”をすると
2

吸い込まれそうなブサねこ変身する。
3
それも球の魅力♡

**********************************************

久しぶりに球の体調を備忘録として。

ここ最近、球の体調が不安定なこともあり
リビングに川の字で寝ている今日この頃。

先週の粒の通院に続き
今日は球の血糖曲線の検査日でした。

球の体調がなかなか安定せず
歯も悪くなっていることもあり
食欲が落ちていて。

体調が安定していないので
歯科治療もできず、見送っています。

元々食が細いので日々試行錯誤。 
ごはんを食べないとインスリンがうてないから。

今日は朝から病院に行っていたのだけど
やっぱり血糖値が極端に低く
ちょっと危険な状態とのことで
私とカズさんでごはんを食べさせ
再度血液検査をして球の様子を見つつ
21時ころまで病院にいました。

とはいえ低血糖時に見られる
“ふらつき”はなかったので
 今夜と明日朝のインスリンは中止して
明日また1日通して血糖曲線を測ることになりました。 
4
↑ここまで低いのは初めて。
もここまで低くなったことはありません。

病院嫌いなこともあり
家に帰れば落ち着くかな〜と思い帰宅して
案の定ごはんの催促があったので
ホッとしたところです。

1枚目の写真はパウチを食べおわり
ご満悦で毛づくろいしているところ。

このあとみんなが残したドライフードを
食べ歩いてました。

※普段は糖尿病の療法食だけど
今は食べてくれること最優先なので
先生とも相談しつつ
好きなものを食べてもらうようにしています。

また明日、がんばろうね!

球のようすはこちら
↓↓↓

猫に優しいインテリアブログはこちら
sorabnr_1

ゆるゆる絵日記ブログも更新中♪
bnr_1
btn_blogranking_cat



InstagramTwitter共々
走太を気にかけて下さって

ありがとうございます。

覚え書きを兼ねて、少しご報告します。

28日晩から体調が悪くなった走太。

29日から点滴プラス吐き気どめと
抗生剤の注射を3本、毎日継続中。

今朝は5時頃Phコントロール0を20粒ほど食べて
まもなく2日半ぶりにウ◯チしました。

9時半頃お薬を飲んで
10時半頃に、昨日サンプルでいただいた
ロイカナ消化器サポート(可溶性繊維)ドライを
20粒ほど食べました。

久しぶりにウ◯チが出たおかげで
食欲が少し戻ったのかな〜
2

甘えん坊全開。
1

今朝の走太
1

今日はこれから、もすの点滴・2週間に1度注射
粒の4週間目の診察
走太の点滴・注射の予定ですが…

走太が少しずつ回復の兆しを見せている中
今度は茶まめが
急にごはんを食べなくなってしまいました。

1日に数回ちょい食べする茶まめが
昨日の朝を最後にずっと食べず、
カゴに入って寝ていました。

今朝8時半頃、
なんとかちゅ〜るを半分ほど口にしました。

今まで病院にかかったことがない茶まめだけに心配です。




《おぼえがき》


12月31日AM9時半時頃 3日ぶりにウ○チ
1月1日AM1:00頃 ウ◯チ       
1月3日AM7:15頃 2日半ぶりにウ◯チ 

これまでの食欲は、Phコントロール0と
ステアライズドアペタイトコントロールを
食べるときは10〜20粒、猫福を3〜8粒ほど

食べないときはドライフード2〜3粒。

ウエットは色んな種類を試みるも
ほとんど食べず。

食欲はムラがあるけれど、
自分で動き回れている。

おしっこは1日2〜3回出ている。

毎朝日課のお気に入りのウインドウベッドには
まだ入らない。

**********************************

4.95kg維持していた体重が、
ここの所少し増えていたのですが
お腹に脂肪がつきすぎとの事。

今回の症状とは直接関係ないそうですが
X線の結果、背骨が狭くなっていると言われました。
 
左脚が無い走太は
胴体を支えるため背骨に負担がかかるので
体重は減らさないと。 

走太が3本脚の理由




 


8にゃんの中で、
ひとりだけひどく体を痒がる、直角。

以前1度診察を受け、
週2回ほど薬用シャンプーを続けていたのですが
先日、できものが見つかりました。

できものは1.5mmと小さく、針が刺せない事と
何でもないかもしれないものを
切って検査をするのは
直角の性格上、可哀想だという事で
経過観察することになりました。

そしてお願いしていた
アレルギー検査の結果が届きました。
choku2

ザックリ言うと、
92項目中34の陽性反応が出ました。
赤線が陽性です。
choku1

どれも数値としては、
それほど大きなものはありません。

でも、きっと痒くて眠れない日も
あるんだろうな〜と思うと
何とかしてあげたいと思うのです。
 
同じように暮らしている8にゃんの中で
直角だけが違うのには原因があるはずなので
この機会に調べて頂いたのですが
陽性の植物に色を付けると…
choku3
2月中旬〜11月中旬…1年で9ヶ月もアカン( ̄◇ ̄;)

家具に使われるオークにも
陽性反応が出ています。

牛肉や羊肉、米も陽性でしたが
それ以上に衝撃だったのは

イワシ・サバ・アジ

猫なのに魚に。。。
choku4

直角に合うフードも教えて頂きましたが
そこまで数値が大きくないので
今回はフードは変えず、
様子を見ることにしました。

ただ、直角は自分の影に驚いて飛び上がるほど
重度のビビリなので
ちょっとした事もストレスになるため
それが引き金となる事も
考えなければなりません。

とはいえ、アレルギーは検査をすれば
ほとんどの子が少なからず
何かしらの反応は出るそうです。

また、直角は陰性でしたが
アレルギーにはタバコの煙もあって
間接喫煙を引き起こしているタバコから発した煙と、
喫煙者より吐き出される煙の混合物は、
アレルギー抗原と刺激物質、さらに
有害な発ガン性物質を含んでいます。

これらは家庭に煙がない場合でも、
公衆の領域から髪や衣類に付着し、
動物のアレルギーの原因となると
言われています。 

タバコの匂いついた衣類を
猫が舐めたりするのは
良くないと聞きますが 
そういう理由なんですね。

何でも気にしすぎはよくないと思うけれど
”人間社会で暮らしている猫” 
自分で回避できない事ばかりなので
”身近にいる人間が回避してあげることが大切” 
なのではないかと思います。 


直角にみつかった、できもの


それから、これは余談ですが、
直角が病院に行った日に
ご自分のエンジンルームから救出した子猫を連れて
病院に来ている方がいました。
 
今年もだいぶ 寒くなって来たので
そろそろエンジンルームにも
気をつけましょうね (^-^) 

 


10月はじめのこと。
 
8にゃん中ひとりだけ肌に違和感があり
週2回の薬用シャンプーで経過観察中の直角に
1.5mmほどのできものをみつけました。

顎、耳の後ろ、腰、
分かる範囲で、3箇所。
008
数回のシャンプーでは気づかなかったのに…

ネットで検索して出て来るのは
やっぱりあまりいいものではなく、
それに気づいた翌朝病院に連れて行くも
小さすぎるため細胞診ができず。

先生いわく、
見る限りでは加齢でできる
イボのようなものかもしれないけれど
同じようなものが複数出来ていて
その中のひとつだけが
悪いものという場合もあるので
大きくなるようなら検査しましょうとのこと。
 
アレルギーによっても
できる場合があるそうなので 
アレルギー検査をお願いしました。
 
アレルゲンを調べる検査には
”スキンテスト” と ”血液検査”の
大きく分けて2つの方法がありますが、
今回お願いしたのは血液検査。

高額ではあるけれど 
92種類のアレルギー反応を調べられます。
010
ちょっくん、病院お疲れさま。

8にゃん中2番目に病院が苦手な直角。
通院しなくてすめばいいね。


 次は検査結果です。


昨日の朝
8にゃん全員にアドボケート投薬から
24時間が経ちました。

\(^o^)/

普段の生活に戻ります。

全員分のダニのみ駆除薬も処方してもらうも
舐めた場合の副作用を回避するため
24時間は接触させないようにと言われ、
多頭飼の試練 が訪れました
004
↑8にゃん分のはずが
 6個しかないのには訳があります。

それは 体重差

茶まめは3kgしかないため、少ないもの。
005

球は10kg超えているため、2つ。
006
↑病院で名前を書いてくれました φ(゚ω゚=)

多頭飼の試練でも書きましたが
全ての子が健康なら問題ないことでも
多頭飼の場合、その数に応じて
色んな場面を考えなくてはなりません。

もちろん、その数だけ出費も増えます。 

春には走太以外全員がシニア期に入ります。
みんな見た目は元気なように見えても
もしものために備えなければなりません。
  
人間に何かあった場合に
誰かにお世話を頼むことも
考えなくてはなりません。

数が多くなれば、
それだけリスクも増えるのです。 

とはいえ、もちろんすべてに
当てはまるものではありません。
 
これから多頭飼をお考えの方の
参考になれば…と思います。 


そして、今朝の様子。

茶まめママに会いたくて
茶まめのいる部屋を見つめる、うぶ。
p1
8にゃん全員副作用もなく過ごせました。

ちなみに
 
1番小さい”茶まめ”と
1番大きい”球”の差はどれくらいかというと…


現在も闘病中。
わが家の緊急入院経験者は