Category先代 猫・犬・リス

middle_1149689279


「初めまして」の方も「毎度~」の方も、
是非コチラを読んでみて下さいませ~。

みにゃさんコンニチハ、空ネコの“わらじ”です。
ボクは今、お空で楽しく暮らしてにゃす。

middle_1143211914


ボクが生まれたのは1989年。
動物好きな我が家は日ごと家族が増え、
ぷちムツゴロウ王国と呼ばれてにゃした。
そしておかんは、たくさんたくさん
写真やビデオを撮ってくれにゃした。
だけど、その頃はまだブログにゃんてにゃかったんにゃ。
だから今、ボクらの生い立ちや
地上での暮らしっぷりを紹介するべく、
夜な夜な枕元に立って
「おかんもブログやれよ。」と頼んでみたんにゃ。

とゆ~わけで、ボクら昔の写真で出ていにゃす。



幸せを呼ぶフランス伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」

フランスではお正月にガレット・デ・ロワを食べる習慣があり、
中に隠されている「フェーブ」に当たった人は、
その日いちにち王様になれるんだそうです。

マリアージュ ドゥ ファリーヌのガレット・デ・ロワに入ってるフェーブ
                             ↑クリック。


その「ガレット・デ・ロワ」がお菓子になりました~。

  王様のブランチパイの実×王様のブランチコラボ企画


「フェーブ」の代わりに、ふたつにひとつの割合で出るという
ブランチリポーター「HAPPYジンクス」

ひとつずつ買った相方と私。全く同じのが出ましたよ~。




そっか~。「ガレット・デ・ロワ」って幸せを呼ぶんだね~。





         「ネムッタ・デ・ワラ」




         「デブッタ・デ・ワラ」




         「ヌスット・デ・ワラ」


       しあ・・・わ・・・せ・・・・・・・を・・・


                             
                              ど~やらムリっぽい。


ご存知の方もいらっしゃると思いますが、我が家は相方が終電帰宅のため、
不健康ながら食事は深夜にとるのが日常です。

昨夜、相方と食事をしながら深夜にアニメを見ていました。
私の好きな「野球まんが」。(おっと、ここでもオタク要素が・・・汗)

深夜に野球アニメをやることは、大して珍しい事ではないんですが、
ドカベン」や「巨人の星」みたいに、誰もが知ってるものとは正反対で、
なんだか分からないものが殆どです。

だいたいCM前後、画面の端っこにタイトルが出ますが・・・



相方「ふ~ん。このマンガ“青木くん振りかぶって”ってゆ~んだ。」

私 「せめて大木君にしてくれ。」



正しくはおおきく振りかぶってです。



         おおきく振りかぶって・・・

自分でも気付いていませんでしたが、私が昔隠れオタクだった(であろう)事は、
昨日の記事でお察しだと思います・・・( ̄v ̄*)

アニメおたくでもあった(であろう)私が見ていた懐かしのアニメ
“ドラマ”や“映画”でどんどん実写化されていきます。

新しいものでは「H2」「タッチ」「ラフ」「どろろ」など。
女の子向けでは「のだめカンタービレ」や「花より男子」もそうですね。
この手のものだと「生徒諸君!」も実写化されるとのコト。
「花より男子」は韓国でも「流星花園」という名前でドラマ化されました。

古いものだと“石黒賢&石原真理子”演じる「めぞん一刻」
もっと古いものだと、竹中直人氏の奥様“木ノ内みどり”演じる「野球狂の詩」


そして今度は「ガッチャマン」「ヤッターマン」までが実写化
ドロンジョの役をアンジェリーナ・ジョリーにオファーして
やんわりお断りされたとか。

ワイドショーでは「藤原紀香」とか「夏樹まり」なんかいいかも~って言ってたけど
どんなキャストになるんでしょうね。


「実写版・北斗の剣やるなら、絶対阿部寛だよね」と話している私と相方。
たまたま先日も、そんな実写の話をしてました。

相方「ルパンとか全く違うイメージの人が実写したら面白そうなのにね~。」
私 「だいぶ昔にやったんだよ。全く違うイメージの人が。」


“目黒祐樹”演じる「ルパン三世」DVDあります。
私はアニメよりこっちを先に見てました。
しかも子供心に「この人かっこい~」とまで思っちゃってました。

目黒祐樹を知らない相方に説明するのは、とっても難しい。

もっともっと古いものでは「はっとりくん」クリック~。
これもアニメよりこっちを先に見てました。
とはいえ、記憶は「変な顔」くらいなんだけどね~。

アニメ実写版。まだまだいっぱいありますが、
私の場合、実写にするとイメージが違いすぎてガッカリするものがほとんどです。


動物モノでもあります、「101」

CGを駆使した「実写版・What's マイケル」とか見てみたいな~。

あ、にゃん

にゃにゃん

どぉ?
やっぱマイケルは「シマシマ」じゃないとね~。

静岡では「笑える」を「笑ける」と言います。
わらじ君、まさに「わらケル」。

みなさんはイメージが違う実写版って、ありますか?

私が小中学生の頃「生録」や「CB無線」「カメラ」や「深夜ラジオ」なんぞ流行ってました。

小学生の私は、本気で「漫画家になってやる!」と考えていたし・・・
しかも「生録用」のデッキカセットデンスケを買ってもらい、
デッキかついで近所に色んな音収集に歩いたり、
無線機かついで話しながら歩いたり、一眼レフで電車とか撮ったり、
今思えば完全にアキバ系の子供でした。

ラジオはと言うと、深夜は「オールナイトニッポン」をこっそり聞くのが大人な気がして
いつも寝ないように頑張ってたっけ。

昼間は全国こども電話相談室
私は「むちゃく先生」の回答が好きでした。

質問に答えるとき「あのね~、お答えしますとねぇ~」と言うのが面白くて
よく聞いていました。

無着 成恭(むちゃく せいきょう、1927年- )は、禅宗の僧侶で日本の教育者。
『山びこ学校』と『全国こども電話相談室』の回答者で有名。
                     フリー百科事典『Wikipedia』より



無着 成恭先生が住職だったと、今知りました。


そして新番組、
全国おとな電話相談室がスタート。

昨今のご時世、のっぴきならない状況に陥っている…
大人なのにいまさらこんなこと聞けない…等々お嘆きの貴方は必聴!だって。
ちょっと前、どんな質問されるのかTVで紹介してたんだけどね。

「50歳、会社員です。ちょい悪のさじ加減はどれくらい?」


毎週日曜、朝8時半~9時。
ちょっと面白そうだけど・・・


「あのね~、お答えしますとねぇ~・・・その時間はたぶん寝てるのね~。」


      やっと実家から「ネコ写真」を持ち帰りました~。


↑このページのトップへ