Tag多頭飼い

8猫家の朝は
粒のちっくんをしたり
お薬を飲ませたり
8にゃんにそれぞれの療法食と
分量を分けたお食事の用意、

週2回の通院の日は
採尿のタイミングも見ながらと、
やることが非常に多い。

しかし、こういう場面に出会うと
カメラを探して撮影最優先になる。
005
ほっこりする。

そして、何をしようとしてたかを忘れる。




 


昨日の朝
8にゃん全員にアドボケート投薬から
24時間が経ちました。

\(^o^)/

普段の生活に戻ります。

全員分のダニのみ駆除薬も処方してもらうも
舐めた場合の副作用を回避するため
24時間は接触させないようにと言われ、
多頭飼の試練 が訪れました
004
↑8にゃん分のはずが
 6個しかないのには訳があります。

それは 体重差

茶まめは3kgしかないため、少ないもの。
005

球は10kg超えているため、2つ。
006
↑病院で名前を書いてくれました φ(゚ω゚=)

多頭飼の試練でも書きましたが
全ての子が健康なら問題ないことでも
多頭飼の場合、その数に応じて
色んな場面を考えなくてはなりません。

もちろん、その数だけ出費も増えます。 

春には走太以外全員がシニア期に入ります。
みんな見た目は元気なように見えても
もしものために備えなければなりません。
  
人間に何かあった場合に
誰かにお世話を頼むことも
考えなくてはなりません。

数が多くなれば、
それだけリスクも増えるのです。 

とはいえ、もちろんすべてに
当てはまるものではありません。
 
これから多頭飼をお考えの方の
参考になれば…と思います。 


そして、今朝の様子。

茶まめママに会いたくて
茶まめのいる部屋を見つめる、うぶ。
p1
8にゃん全員副作用もなく過ごせました。

ちなみに
 
1番小さい”茶まめ”と
1番大きい”球”の差はどれくらいかというと…


現在も闘病中。
わが家の緊急入院経験者は

8にゃん家族のわが家。
先日、全員分のダニのみ駆除薬を
処方してもらいました。
004

 ここで 多頭飼いの試練 が訪れます


24時間接触させないように


\(^o^)/


24時間くっつかないように見守るとなると…

・出かける予定のない日。
・よく寝てくれる雨の日。
・かずさんのいない日。

かずさんがいないことで
猫たちだけ気にしていればいいから。
(内緒)

男子は個室があるし、
毛繕いしあう姿を見た事がないので
ケージに入れなくても大丈夫そうだけど
薬をつけると舐め合うかもしれないので
それも頭に入れておかなければなりません。


そして暇さえあれば毛づくろいしあう2人を
それぞれ24時間隔離。。。
002
↑これが1番の難問かな

朝いちで全員に薬をつけ
ひとまず男子にはケージに入ってもらい
茶まめを寝室に入れ、それ以外はリビングに。
私の目の届く範囲でゴロゴロしてもらいます。

落ち着いたところで
男子をリビングに解放。

ここからの小さな試練は
仕事中にもかかわらず
容赦無く甘えてくる、うぶのお守り。
003

そして、寝室のドアを開けないように
直角の気を引くこと。
001

ちなみに、いっくんは届かないし、
ジャンプもしません。
007 
ほぼ同じ体重なのに
体型差がよくわかる〜

うぶの写真が撮れたので追加でUP〜。 
009
パパそっくり。笑 

閉めていると入りたがる”猫あるある”

手が届かなくてもジャンプして開ける子が
たくさんいますよね。

鍵を締めればいいことなんだけど、
ドアの下の隙間をガリガリするので
ここは臨機応変な対応が必要です。



とはいえ、
まだ7時間しか経っていません。

猫は夜行性なので昼間はいいけど
今夜はどうなるかな〜






↑このページのトップへ