昨日は山梨から
かずさんのご両親と妹ちゃんが
遊びに来てくれました。

愛犬 きなこを連れて。

「誰だ、ちみは! 」
001
走太のケージに一時避難する”きなこ”と
わらわらと歩み寄るいっくん。 

私も8にゃんも
きなことは初対面。

獣医師の妹ちゃんも一緒なので
わんにゃん初対面にはとても心強い。

きなこ御一行様が玄関を入ると
ただならぬ気配を感じる8にゃん。
 
予想通り、真っ先にいっくんがやって来て
動揺するきなこにぐいぐいと歩み寄る。

きなこも遊びたくて仕方ないんだけど
自分より大きないっくんに腰が引ける。
003
体型がそっくり。

普段は肩身が狭い、いっくん。
でもこういう時は必ず最初に。
その様子はまさに”父”という貫禄で
家族を守ろうとする姿勢がよくわかります。

8にゃんの中で
きなこに興味津々だったのは
いっくんと粒、そして走太。
005

粒が近寄り、固まるきなこ。 
004
写真にはないけれど
きなこに気づいてないんじゃないかと思うほど
ビビり番長の直角もくつろいでいました。

うぶは全く顔を見せることはなかったけれど
他の子は遠巻きに見ていました。

ただひとつ失敗だったのは
走太のケージにあるZOZOボックスに
黒猫のもすがいるのを気づかず
きなこを入れようとしてしまったこと。

もすをびっくりさせちゃった!
また血尿がぶり返すかと
心配しましたが
今朝のおしっこはキレイだったので
ホッとしました。


「あたち何も見えない、何も聞こえない」
002
きなこはもうすぐ8ヶ月の
フレンチブルの女の子。

大きくなっちゃっておうちが決まらずにいました。

かず母が”きなこ”をお迎えしてから
8にゃんとご対面させたいという夢が
実現できたのでうれしかった〜

初めて間近で見る自分よりでっかい猫に
どんな思いを抱いたのだろう。

きなこと比べて、あらためて
「猫のサイズ感がおかしい」
といううれしい感想をいただきました。

少しづつ距離を縮めて欲しいな〜




走太のケージにいる
もすに気がつかなかった理由とは...