2021年01月

走太がお好みの箱にイン。

走ちゃん走ちゃん
にらめっこしよう〜
 
に〜らめっこし〜ましょ〜
あっぷっ
so1

ぷ!
so8

あっぷっぷ!
so2

ぷ!
so5

ぷ!
so6

ぷ!
so7

ぷ!
so3

ぷ!
so4
ぷぷ〜( ̄m ̄*)

わたしの負け〜


よい夢を。



猫に優しいインテリアブログはこちら
sorabnr_1

ゆるゆる絵日記ブログも更新中♪

btn_blogranking_cat
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は『直角の検査結果』に
よかった〜とのコメントたくさん
ありがとうございました♡ 

8にゃんの病気について
少しずつゆっくり書いていこうと
思っているのですが
耳垢線がん】【耳垢線腫】について
ご心配されている方もいらっしゃるかと思うので
お耳について少し書いておきますね!

まず…

耳垢線がん】【耳垢線腫】は
アメリカンカール特有の病気ではありません。

わが家もみんなカール耳のため気になったので
大学病院の先生にもお話を聞きましたが
アメリカンカール や
スコティッシュのようなお耳の子でも
なんでもない子もたくさんいるそうです。

いわゆる【外耳炎】に関しては
お耳の形状がカールしている猫種には
多いそうですが

逆に普通のお耳の子でも
耳垢線がん】【耳垢線腫】を 
発症する子もいるそうです。

お耳の形状や猫種にかかわらず
いつもと何か変わりはないか
観察することが大切だそうです。


普通のねこちゃんの耳垢線癌の様子があるので
参考までに載せておきますね!


【耳垢線腫瘍】は耳垢を分泌する細胞が
腫瘍化するものだそうです。



いっくんをお迎えした頃
どうぶつ母子手帳』というのを
つけていました。

それによると

2009年5月10日(生後3ヶ月)の時点で
皮膚の真菌にくわえ 
真菌性外耳炎と診断されました。
m10

ショップ併設のサロンと病院へ毎週通い
週1回の薬用シャンプーと通院の甲斐あり
7月に完治
m11

いっくんはこの後
真菌性ではないものの
外耳炎になったり治ったりを繰り返していました。

今じゃ病院では
↓こんな風に暴れん坊将軍だけど


2010年4月25日(1才2ヶ月)のいっくんは
m0

まだ
m1

病院でも全然おとなしく
m3

こんな風に
m4

お耳の診察も
m5

お耳の洗浄も簡単にできるほどで
m6

終わった後も逃げることなく
こんな風にじっと座ってるほど
m7
終始よい子でした。

(よい子証拠写真)


『どうぶつ母子手帳』には
小さい頃の5にゃんの通院のようすも
書いてあります。 
m9
この母子手帳用のリフィルは
ネットからプリントアウトできたので
しばらく使っていました。 

大家族になり書ききれなくなったので
今は使っていないけれど
ちょっとしたことも書く欄があって
球や粒のことも書いてあるので
大切な宝物です。
m12


赤ちゃん時代のいっくんは
【真菌性外耳炎】


球は【マラセチア性外耳炎】


『できもの』で病理検査をしたのは
球と直角。

直角(耳)は【耳垢線腫】


球(しっぽ)は【皮脂腺過形成



 




猫に優しいインテリアブログはこちら
sorabnr_1

ゆるゆる絵日記ブログも更新中♪

btn_blogranking_cat
このエントリーをはてなブックマークに追加

お耳のできものの写真があるので
「******」←線以下は閲覧注意


年明け早々、連日の病院通い」から
今日でちょうど2週間。

その間、直角のお耳の出来ものの
病理検査をお願いしていました。

今日は、かかりつけの病院でいただいた
病理検査の結果を持って
東京大学附属動物医療センターに
行ってきました。

リビングから玄関に出るだけで
この世の終わりのようになる、ちょっくん。
m8

車の中でぴったりとくっつく。
m9

おうち帰る〜
m10
はぁはぁ


直角のお耳のできものは
いっくんと違いかなり大きいため
ご心配おかけしないように
結果が分かるまで写真は載せずにいましたが
同じような猫ちゃんをもつ方の
参考になればと思います。

*********************************************

元々小さい血豆のようなものは
一球、球、直角の3にゃんにありました。

それぞれかかりつけの病院では
見ていただいて経過観察していたのですが
2020年夏以降直角だけ
急激な変化が見られました。

いっくんが通院中
大学病院で直角のことも
相談していました。

2020年11月24日
m1

1番大きいのが
パチンコ玉よりひとまわり
小さいくらいの大きさ
m2

硬くなく、弾力がある
m3

触っても痛みや痒みは感じていない様子。
m4

2021年1月7日
細胞診のためいくつかのできものに針をさし
中の体液が出たため小さくなりました。
m5
このあと体液が少し溜まったり
抜けたりをくりかえす


2021年1月21日
m6
今日大学病院であらためて
細胞診と頭部レントゲンを撮りました。

左のお耳
m7

そして検査の結果
【耳垢線腫】だろうとのことでした。

いっくんの【耳垢線癌】(悪性)に対して
良性の【耳垢線腫】です。

「だろう」というのは
はっきりとした診断をつけるには
できもののまわりから大きく切り取って
組織を調べる必要があるそうで 
ちょっくんの細胞診と症状から
そこまでしなくていいのではないかとのことでした。

今後生活の質が落ちるとか
状態が悪化するとかがあるようなら
またその時に考えましょうということで
かかりつけの病院で外耳炎の治療を継続しつつ
経過観察となりました。

*********************************************

ちなみに、すごく大人しくていい子だったそうで
「一球の子供です」というと
先生びっくりしていました。

いっくんのことも心配してくださっていて
すこぶる元気だと伝えると
「よかった〜」と言ってくださいました。


直角は待っている間すごく静かだけど
緊張マックスでずっと小刻みにふるえ
お鼻と肉球がしっとりをはるかに超え
びしょびしょになるほど。

検査が終わって戻ってきた直くん
「がんばったね〜」となでなで。
少しホッとした様子。
m11

車に乗りこみ、パパの顔と
m12

ママの顔を見る。
m13
絶食でお腹が空いてるはずなのに
車中ではちゅ〜るも食べず
お家に帰るとベッド下へ直行。

でも少ししたら
うにゃうにゃ言いながら出てきて
ごはんももりもり食べてました。


直角の検査結果が分かるまでの間
ご心配おかけしましたが
あたたかいお言葉を 
ありがとういございました!

球、粒、一球、直角…
色々と大きな山を乗り越えてきましたが
これでいっくんとちょっくんの
外耳炎の治療をしつつ
経過観察となり、ホッとしています。

本当に長かった…

いつも見てくださっているみなさま
ライブドアの中のみなさま
8にゃん共々支えてくださって
ホントにありがとうございます。

今年は元気な写真もいっぱい撮らないとだ!

ちなみに、いっくんは
あいかわらずお顔の麻痺はあるものの
すこぶる元気です。

今夜のいっくん
m14






猫に優しいインテリアブログはこちら
sorabnr_1

ゆるゆる絵日記ブログも更新中♪

btn_blogranking_cat
このエントリーをはてなブックマークに追加

 だいぶ前の写真だけど

走太はわっくんが仕事をしていると 
こんな風におひざに座って 
r1

「お仕事お手伝いしてきます」と
r2

ねこの手を貸したり
r3

モニターをチェックしている。
r4
“リモートワーク”にしか見えない。


もっと「ねこと暮らすということ」見ちゃう

そんな走ちゃんとの出逢いを知らない方は
猫に優しいインテリアブログはこちら
sorabnr_1

ゆるゆる絵日記ブログも更新中♪

btn_blogranking_cat
このエントリーをはてなブックマークに追加


朝起きていちばん最初に目に入った光景。
ubu
足元の敷布団の下からチラ見えの、うぶ。

なぜそこ。

表情が絶妙に怖い。

よい夢を。

猫に優しいインテリアブログはこちら
sorabnr_1

ゆるゆる絵日記ブログも更新中♪

btn_blogranking_cat
このエントリーをはてなブックマークに追加