昨年10月20日に
“耳垢線がん”の手術をうけた、いっくん。
 

年末にちょっぴり触れました
今日はいっくん を連れて
東京大学附属動物医療センターに
行ってきました。

昨年11月19日に
“耳垢線がん”の最終診察を終えて以来
1ヶ月半ぶりの通院です。

昨年はいっくんの手術のため
コロナ渦で外出を制限している中での
都内大学病院への通院となりました。

そんな中でしたが、
大学構内にあるたくさんの樹々で
季節の移り変わりを感じることもできました。


初めて大学病院に行った
2020年10月19日
t1019

そして今日
2021年1月7日
t0107_1
上野博士とハチ公」像があるの
わかるかな〜

構内の同じ場所の写真で
季節の移り変わりを少し。

2020年10月22日
t1022_1

2020年11月19日
t1119_1

2021年1月7日
t0107_2

2020年11月19日
t1119_2

2021年1月7日
t0107_3

昨夜から久しぶりの絶食。

絶食はもちろん連帯責任で
家族全員絶食します。

というわけで、
人も今年は七草粥はナシで
いっくんの検査に行ってきました。

いっくんは、
前回手術した方じゃないお耳の
腫れと痒みが気になり
かかりつけの病院に行ったのですが
レントゲンの結果
お耳の外から見えない部分と、
肺にあった影が濃くなっていることを踏まえ
CTを勧められて来ました。

内視鏡で診ていただいた結果
アメリカンカール 特有の
外耳炎は見られるものの
腫瘍などの心配はないとのことで
かかりつけ病院にて
しばらく外耳炎の治療を
継続することになりました。

肺に関しては
100%違うとは言い切れないものの
現段階では転移とは考えにくいそうで
まずは2週間様子をみましょうとのことで

それまでに明らかに
普段と違う症状がみられるようなら
早めの診察ということになりました。

お耳も肺も
急いでガンの検査をした方がいいという
レベルではないので
いっくんの負担も考えて
今無理に検査をしなくてもいいのでは
とのお話でした。

優しい先生でよかった〜

ガチギレで検査を終えたいっくん
一旦カラーを外してもらい
t9

持って来たご褒美ちゅ〜るとカリカリを
t8

「はむはむ」と
t10

美味しそうに食べ
t1

ご満悦。
t2

空腹マックスだったお腹が
t3

満たされると
t4

お外の景色を
t5

楽しむ余裕もできたにゃ〜
t6

ごちそうさま〜
t7
今日のガチギレが
今までに見たことのない暴れっぷりで
「元気になったんだな〜」と
しみじみ感じました。

わっくんの両腕は
見たことのないボーダー柄になったけど
いっくんが元気ならヨキ( ̄▽ ̄)


で。


実は、8猫家には昨年から
他にも心配事がありまして。

直角が昨日かかりつけの病院に行き
お耳の細胞診をしまして
現在病理検査中なのです。

球も粒もいっくんももすくんも
通院時はとっても大人しいのだけど
リビングから玄関に行くだけで
ギャン泣きのちょっくん。

診察中はとっても大人しいけど
激しくぶるってました。

相当疲れたようで
帰宅後は寝室のカーテンに隠れ
choku1

テンションダダ下がりのちょっくん。
choku2

カラーを外すまで
どよ〜〜んとしてました。
choku3
今はカラーも外して
普通に過ごしています。

検査中もとっても良い子だったそうで
先生に褒められました。

いっくんに爪の垢を飲ませようかしら。

そんな、ちょっくん。

再来週、病理検査の結果を持って
東京大学附属動物医療センターに
行くことになっています。

元気で食欲もあるので
なんでもないことが分かれば
いいなと思います。

今年も年始から連日の病院通いですが
病気と上手にお付き合いしていこうと思います。





猫に優しいインテリアブログはこちら
sorabnr_1

ゆるゆる絵日記ブログも更新中♪

btn_blogranking_cat