Tag大腸腺癌


ごぶさたしています、一球です。

今日はぼくからご報告があります。
11

ぼくは先日“こいのぼり”に乗って
ぐんぐんお空へと出発しました〜。
12

かっこいいでしょ
13

2023年4月29日
日付が変わったころ
一球がお洋服をぬぎました。

球や粒に持たせたように
いっくんにもたくさんの大事なものを
持たせることにしました。 
27

ぬいぐるみが大好きないっくんには
たくさんのぬいぐるみや
28

お気に入りの“おざぶとん”
23

ブラシ大好きないっくんに
ブラシセット 
29

こちらもお気に入りの
ラキサトーンとミルク
お薬セット
24

給水機とお茶碗
25

大好きな毛布色々
30

おトイレには
とても敏感ないっくんに
ペットシーツとねこ砂 
26

「こいのぼりバッグ」に
おやつをたくさん入れて
22

おいしいがいっぱいのお弁当と
たくさんの大事なものを詰め込んだ
大事なもの袋と 
大好きな“あざらしさん”といっしょに
21

すやすやと眠るようないっくんと
1週間ほど一緒に過ごし
5月5日、こどもの日に
天高く大空へ送りだしました。

一球と出逢ったのは
2009年5月4日

きれいにまるっと14年

いっくんは“いっくんらしい日”を
選んだのかなと思っています。 


ぼくはお空にお引っ越ししたけど
14

いままでたくさんの
「やさしい」や「たのしい」
「うれしい」や「おいしい」を
ありがとうございました。
15

もちろんこれからも
ぼく含め“8ねこ家”を
よろしくお願いします。

チラッ
16

今頃お空のお家で
球と粒と一緒に
たくさんのお土産をひろげて
わいわいしているかと思います。 

ブログをお休みしているあいだ
ご心配おかけしてしまいましたが
一球と過ごせた時間は
とても濃い時間だったと感じています。

 ありがとう

ありがとう
(↑いっくんの分)


31



sorabnr_1

ゆるゆる絵日記ブログも更新中
bnr_1

btn_blogranking_cat 

このエントリーをはてなブックマークに追加


うぶちゃんの「見守り応援団」につづき
8猫家はたくさんの家族愛が
あふれている。 

ごはん待ちのいっくん
1

の、うしろに並ぶ直角。
2

直くんもごはん待ち?
3

うん、いい子で並んでると
もらえるんだよね?
4

はい、いっくんどうぞ〜
5

しゃくしゃく
6

ママ見て!
7

ぼく、ちゃんと待てるよ。
8

パパがごちそうさましたら
ぼくの番だよね♪
9

は〜
10

おいしかった〜
11

ごちそうさまする〜
12

さてと
13

お水飲みにいこ〜
14

!!!
15

ママ〜
16

ぼくもごはんもらえるよね?
17

あれ?
19

なくなった。
18
抱きしめたくなるくらい
じっと待ついい子なのに
目的のごはんをいただけないという。

けど、ガッカリ顔もかわいい♡ 

直くんはお腹が弱いから
パパと同じの食べられないの。

いい子で並んで待ってたのに
ごめんね〜 

このあとちゃんと
直くん用のごはんを
食べました。笑 

ちゃ〜さんといい
うぶちゃんといい
直くんといい
なんでだろうか
マンガみたい。

愛だろ、愛♡




sorabnr_1

ゆるゆる絵日記ブログも更新中
bnr_1

btn_blogranking_cat
このエントリーをはてなブックマークに追加


まだ日差しが痛く感じる8月。

たくさんの思いがあふれる場所へ
行っていました。
1

お出かけは好きだけどね。
2

2年前、いっくんの
お耳の手術をしていただいた病院
3

またここへ来ることになるとは
思っていませんでした。
4

4月からかかりつけの先生と
相談をしてきましたが
8月半ばに
東京大学附属動物医療センターで
詳細な検査をしていただきました。
5

8猫家でいちばん
病院嫌いのいっくんが
1番たくさん行くことになるなんてね。
6

できればこのまま
おやつを食べて
帰る方向でお願いしたい。
7

球ちゃん粒ちゃんも一緒に。
8

2年前の今日

2020年9月29日
いっくんの病理検査結果
連絡がきました。

1年後の
2021年9月29日には
いっくん、あれから1年経ちました」の
報告をしていました。

そしてこの日、わたしの難病が
判明しました

 

そして今日で
まる2年が経ち


いっくんは再び
重い重い病気になりました。 


“大腸腺癌”


耳垢腺癌との関連性はなく
新たな悪性腫瘍でした。


春からずっと
「おそらく」という4文字が
頭から離れず過ごしていました。


2年前に
大きな手術をしたいっくん。


13才という歳で
どうすることが最善なのか
それだけを考えて過ごして来ました。


言葉にすることや
文字にすることで
抑えている心が壊れてしまいそうで
そっとそっと、そっと
心の奥底にしまって来ました。 


大学病院で受けた説明では
“余命”という言葉のほかにも
“安楽死”という言葉もでてきました。


治る見込みはなく
手術をしても
2ヶ月の場合もあれば
1年の場合もというお話でした。


苦しくて
苦しくて
ずっとずっと
泣いて過ごしていました。


いちばん苦しいのは
いっくんなのに。


毎日
今いっくんが何を望んでいるのか
それをいちばんに考えて
過ごしています。

 
いっくんの病気については
伏せておこうと思ったのですが
わたしの方がくじけそうなので
いっくんもわたしも
病気とうまくお付き合いしていけるよう
前を向かなくてはと思いました。


 いっくんの様子に関しても
心と向き合いつついければと。

 
今のいっくんは
少しずつですが
今はごはんも食べられていて
気分のいい時は
日向ぼっこをしたり
お気に入りの毛布をふみふみしたり
おもいのまま過ごしています。
 

今はそよ風でも壊れてしまいそうな
そんな心のわたしですが
いっくんと一緒に
前を向いて歩いています。


お返事は難しいかもしれませんが
笑顔になれる、また
元気が出ることばをいただけたら
うれしいです。


sorabnr_1

ゆるゆる絵日記ブログも更新中♪
bnr_1

btn_blogranking_cat
このエントリーをはてなブックマークに追加